浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

アルゼンチン共和国杯2013予想オッズ【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【アルゼンチン共和国杯2013予想】


今週はG1の谷間で、来週がエリザベス女王杯、次がマイルCS、次がJCか・・・早いなあ。
2歳戦の重賞も続々行われるし、あっと言う間に今年も終わりそうだ。


そういえば、来年から朝日杯FSは阪神に移動するって言ってたな。
中山マイルはちょっと特異なコースだからなあ。これは英断でしょう。


さて、今週はJCに繋がる一戦アルゼンチン共和国杯が行われる。
正直、今年はこの組の台頭はないと思うが、競馬は何が起こるか分からん。
とりあえず予想オッズを見てみよう。


アルゼンチン共和国杯予想オッズ.jpg


1番人気候補はメイショウナルト。
小倉記念勝ち、オールカマー2着が評価されてのもんだろうけど・・・
東京2500で勝ち負け出来るイメージないなあ。ローカルG3なら好勝負だろうけど。


2番人気候補はムスカテール。
むしろ適正はこっちだろう。今年は同コースの目黒記念を勝ってるし、去年の当レース2着馬。
休み明けのオールカマーは惨敗したけど、一度叩いてよくなってそう。ただしトップハンデ57.5kg。
マヤノトップガン産駒のエース格。なんとかココを勝ってJCに駒を進めたい。


3番人気候補はルルーシュ。
去年の勝ち馬。今年の目黒記念は2着。つまりムスカテールと順位が入れ替わったわけだ。
こちらも休み明けの札幌記念を惨敗して、トップハンデの57.5kg。
今の時点で一点買いするならムスカテール×ルルーシュ。でも、ま、人気でしょな。


4番人気候補はアドマイヤラクティ。
ちょっとキャラを掴むのが難しい馬だけど、長距離の消耗戦が得意な馬っぽいなー。
しかし、前走の超高速馬場だった京都大賞典で4着か・・・しかし目黒記念では惨敗してるしなあ。
いずれにしても、スローのヨーイドンだと分が悪そう。




以下、穴で面白そうな馬を挙げておこう。


・イケドラゴン(笑)
買っても買っても馬券になってくれないイケドラゴン(笑)。後ろに「笑」を入れるしかない。
しかしこのレースはハンデ戦!この馬は48kg!トップハンデの馬達とは約10kgも違うアルよ!
ちかも舞台は3年前の目黒記念で2着になった時と同じ舞台。思い切って玉砕逃げを打って欲しい。


・デスペラード
ステイヤーズS3着、万葉S1着、阪神大賞典はゴールドシップの2着・・・と長距離戦線で出世。
その後の惨敗続きで人気急落するようなら面白い。ここ3戦は全て出遅れ最後方からの競馬。
出遅れなければチャンスあるぞ(まあ、出遅れ癖はなかなか治らんけどな)。


あとは上がり馬。毎年準オープンを勝ったばかりの上がり馬が来るけんな。


・ホッコーブレーヴ
休み明けのオクトーバーS(東京2400)を後方から豪快に差し切ってみせた。
東京コースは【2.3.0.5】。そのうちなんと7回が東京2400。キャリアの殆んどが左回り。
というわけで、少なくとも陣営は東京2400が得意と見ているはずだ。
東京2500はスローになることが多いが・・・コース・距離適性はメンバー随一かもしれん。



さてさて、既成勢力が勝つか?新興勢力が勝つか?穴馬の激走があるか?
ハンデ戦だけに見どころ十分ですな。


最終予想は日曜日。



今週(11月1日、2日)はアメリカで競馬の祭典ブリーダーズカップがあるぞ。
日本馬は出ないけど・・・なんせG1競争が13鞍。注目はBCターフ!

ブリーダーズカップの出走馬、オッズ情報、馬券購入



ブロガー達の予想をズラズラ〜と見ると参考になる。

オルフェーヴルバナー.gif



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ




天皇賞秋回顧2013【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【天皇賞秋2013回顧】


鬼脚ジャスタウェイが天皇賞秋制覇!


ジャスタウェイ天皇賞秋2013.jpg


いやー、びっくりしたなー!


いくらなんでもジェンティルドンナ相手に4馬身差は強すぎ。


あっと言う間に突き抜けて、さらに突き放したもんなあ。


思えば3歳時も善戦してたし、東京1800〜2000がベストの舞台なんだろう。
母父ワイルドアゲインだから、多少重い馬場も味方したのかもしれん。


もう一回レースを見てみよう。




レースは戦前の予想通り、トウケイヘイローがハナに立ちペースを握る。


ちょっと驚いたのはジェンティルドンナだが、スタートが良すぎて2番手。
まあしかし、この馬はスッと好位に付けられるのもチャームポイントの一つ。
折り合いも付いてたと思うし、これが敗因ではないと思う(今回は相手が強かった)。


とはいえ、この馬場で1000m通過58.4は速すぎたか?


同じく好位につけたレッドスパーダ、ダイワファルコン、ダノンバラードは15、16、17着だから、
ジェンティルドンナにとってはかなり厳しい展開だったのだろう。


その後ろにアンコイルド、コディーノ。
逆にこの2頭は4着、5着に残ってるわけで、展開を考えると強い競馬をしたことになるな。


中団の内に虎視眈々のエイシンフラッシュ。


そして、そのさらに後ろに構えてたのがジャスタウェイ。
おあつらえ向きのハイペース。長くいい脚を使うこの馬にとっては最高の展開。


トウケイヘイローのペースは、トウケイヘイローが勝つためにはギリギリの線。
(遅すぎてもダメ、速すぎてもダメ)
しかし、結果的には差し馬に利する流れになった。


武豊の話「前半力んで走ってた。なかなか力が抜けなかった。1周するレースの時は抜けるんだけど、今日は3コーナーまで力んでた。昨日の馬場だったら・・・」


まあ、騎手にしか分からん所があるんだろうけどさ。
私の目にはスムーズに折り合ってるように見えたけどなあ。
しかし、騎手なんだから負けたのを馬のせいにして欲しくない。
悔しいと言って欲しい。自分の力が及ばなかったと言って欲しい。
まあ、騎手にとって自分の非を公言するのは難しいことだろうけど。




レースはトウケイヘイローが先頭のまま直線へ。
ジェンティルドンナは早めの仕掛け。


しかし、絶好の手応えで外から飛んで来る馬がいる。


ジャスタウェイだ。


あっと言う間に馬群を飲み込み、並ぶまもなくジェンティルドンナを交わす。


この馬、ハマるととんでもなく強いな〜。


コディーノも一瞬チャンスはあったがゴール前で力尽きて5着、
インで脚を溜めてたエイシンフラッシュが外に出して矢のように伸びたが時すでに遅しの3着。
連れて伸びてきたアンコイルドが4着。


しかし、ジェンティルドンナは強い馬だね。


今回のジャスタウェイには脱帽だけど、
決してジェンティルドンナ向けの馬場じゃなかったし、
このハイペースで最後までタレずに走るんだからスゴイ。
休み明け初戦だったし、余裕残しだったしね。


ジャスタウェイは千載一遇のチャンスをものにしたなー。


この馬にとって安田記念は短いし、JCや宝塚記念は長いだろう。


1800の古馬G1を作ればいいのに。と思う。


京都1800外回りとか絶好でしょ。春の京都開催でやったらちょうどいいんじゃない?
長距離路線は春天。中距離路線は1800G1とかね。


しかし、意外なことにハーツクライ産駒は初G1だってさ。
そういえば、ハーツクライの大物っていないね。
ジャスタウェイはJCには向かわないそうな・・・。とりあえず行けばいいのに。


馬券はオーシャンブルーから買ってたからノーチャンス(笑)。
どうせならJCも惨敗して有馬で好走・・・というパターン希望。



さて、今週は、アメリカでブリーダーズカップがあるぞ。
日本馬も挑戦すりゃいいのにねえ。興味ある人はこちら。

2013年11月1日、2日ブリーダーズカップ出走馬・オッズ情報



海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ

天皇賞秋大穴予想2013【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【天皇賞秋大穴予想】


私は馬券で勝てるとは思っていない。


JRAの控除率(25%)には抗うのは難しいからだ。


でも、競馬は面白い。
狙った馬が直線で先頭に立ったときのドキドキ感や
万馬券が当たった時の達成感は何物にも代え難い。


というわけで、競馬は「余ったお金」でやるべきだと思う。
「無くなっても痛くないお金」だ。


決して、


ハズれて後悔するような金額を賭けちゃいけないし、
当たった時に未来が変わるような賭け方をするのもダメだ。


という訳で、今日も大穴狙いで行く(笑)。


ヒットは要らぬ!全球ホームラン狙い。打率は低くてもいいのだ!


オーシャンブルーアルゼンチン共和国杯.jpg


現在、東京は晴れ。馬場は「稍重」。
昼過ぎには「良」に回復するかもしれんが、パンパンの良馬場にはならないと予測する(希望)。
天皇賞秋出走馬の重馬場適正はこちら


◎オーシャンブルー
昨年の有馬記念2着馬が、13番人気の低評価。
今年に入って惨敗続きで人気急落しているんだけど、前走は大幅馬体減で力発揮出来ず。
成長力があるステイゴールド産駒だけにまだまだ見限れたもんじゃないぞー。
そういえば、ステイゴールドも人気薄での秋天2着があったなあ(一着はスペシャルウィークだった)。
トウケイヘイローの作る流れが速くなって、スタミナ比べになれば・・・
この馬が突っ込んできても不思議じゃないぞ。


○ジェンティルドンナ
馬場さえ回復すればこの馬が強い。しかし休み明け、余裕残し?何があるか分からん。


▲トウケイヘイロー
逃げ馬がこのレースを勝つのは至難。だけど絶好の状態で、絶好のレース。簡単には潰れない。


△ナカヤマナイト
△トゥザグローリー
△エイシンフラッシュ
△ヒットザターゲット
△トーセンジョーダン
△アンコイルド
△ヴェルデグリーン


馬連 ◎流し 9点×100円
馬単 ◎→○▲ 2点×100円
ワイド ◎→○▲ 2点×100円


がんばれーオーシャンブルー!



有名ランカーの天皇賞秋予想は?

オルフェーヴルバナー.gif



ちなみにブックメーカーのオッズはこう!


■天皇賞秋2013ブックメーカーオッズ(ウィリアムヒル)
天皇賞秋ブックメーカーオッズ2013.jpg

ジェンティルドンナの単勝は現時点で2.1倍。ブックメーカーで買った方が良さそう。
馬場が回復すれば1倍台になるかもしれんし。

後は、馬によって結構違うからチェックしておいた方がいいぞ。



ブックメーカーの登録方法

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



スワンS2013予想。重馬場実績は?【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【スワンS予想2013】


京都は昨日まで「不良」馬場だったが、幾分回復し、朝の時点で「重」発表。
土曜日の京都は「晴れ」予報となってるので・・・
スワンS発走の時点ではもう少し回復すると思われる。


がしかし!パンパンの良馬場にはならず、いずれにせよ重い馬場になるだろう。
脚質は前有利か・・・。


京都コース立体図.jpg


京都芝1400m外回り。スタートは向正面の直線入り口で、3コーナーまでは500m。枠の有利不利はあまり考えなくていい。スタートして程なく登りとなるため、さほどハイペースにはならないが、登った後は急な下り。ここからスピードに乗って4コーナーに突入。最後の直線は404m。外回りなので差しも決まるが、先行馬の方が圧倒的に有利。瞬発力系の馬より、持続力系の馬を選びたい。


各馬の重馬場実績を調べてみた。


■スワンS出走馬で重馬場が得意そうな馬。

・ハッピーカオル(重馬場以上【2.1.1.0】しかしさすがに格下)


あと、ダイワマッジョーレとかサンカルロも得意そうだけど、
サンプルが少なくて確信は持てない。エーシントップも得意かもしれんな。


シンプルに考えて見る。


格を重視して、安田記念組のグランプリボス、ダイワマッジョーレ、サダムパテック。


スプリンターズS組のマジンプロスパー、アドマイヤセプターも有力だが1200がベスト。
サンカルロは人気を見ると買いたくなるが、京都では走らない。
ただ、道悪となると話は違って来るが・・・。さすがに稍重くらいには回復するでしょ。


という訳で、勢いがカンジられない3歳は軽視。
マイル実績重視で。


◎グランプリボス
○ダイワマッジョーレ
▲サダムパテック


馬連 ◎流し 2点×200円
三連単 ◎→○▲→○▲ 2点×100円



ランカーの天皇賞秋の予想は?

オルフェーヴルバナー.gif



好きな競馬をネタにお金を稼ぐ方法。

lurea.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



天皇賞秋2013予想。穴馬候補と展開と調教【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【天皇賞秋2013予想。大穴候補は?】


台風の接近に伴い、金曜、土曜の東京は雨予報。
日曜日は晴れそうだが・・・パンパンの良馬場は望めんだろう。重馬場を想定しておきたい。
天皇賞秋2013出走馬の重馬場適性は?


さて、予想に入る前にコースを見ておこう。


東京コース立体図.jpg


東京芝2000m。特殊なコースである。スタートは2コーナーから伸びた特設ポケット。スタートしてすぐに左にカーブするため、基本的には絶対的に内枠有利なのだ。では外枠の先行馬は不利なのかというとそうでもない。先手が取れれば2コーナーまで一直線に行けるため、スピードに乗りやすいのだ。しかし、内枠の先行馬が前を譲らない場合は外を回らされ距離損となる。枠順と脚質には要注意なコースだ。
2コーナーから向う正面に掛けては下り。コース形態も重なってハイペースになることが多い。天皇賞秋の時計が早いのはそのためだ。一旦登って3コーナーに掛けてまた下り。4コーナーを回ったら525mの直線だ。有利な脚質は圧倒的に差し。逃げ馬は圧倒的に不利。先行馬も厳しい。瞬発力系の馬を選びたい。成績が良いのはディープインパクト、ステイゴールド、ゼンノロブロイ。




天皇賞秋2013の展開を考えてみる。


逃げるであろうトウケイヘイローは6枠11番に入った。
出来れば内枠が欲しかっただろうけど、他に積極的に行きたい馬は見当たらんし、
二の足でスーーッとハナが切れるタイプ。
上記の理由から外目の枠でも大丈夫だろうと思う。


2番手候補はレッドスパーダ。この馬こそ内枠が欲しかったろう・・・。
じわっと出て無理せず好位の2〜3番手でスローになればチャンスはあると思うが、
この枠(8枠15番)なら無理してでも前に行くしかあるまい。残念ながら枠順はマイナス。


3番手候補はダノンバラード。この馬も外枠(8枠16番)かあ。
切れる足が使えないこの馬は前に行くしか無い・・・この馬もマイナス。


その後、中団の前にジェンティルドンナ、エイシンフラッシュ、コディーノ、ダイワファルコンあたり。


中団にはナカヤマナイト、ヒットザターゲット、オーシャンブルー、アンコイルド、ヴェルデグリーンあたり。


末脚に賭けるのはジャスタウェイ、フラガラッハというカンジかな。


よく分からんのがトゥザグローリー、トーセンジョーダン。前にも行けるし中団からも競馬出来るんだけど、騎手がどう乗るかだなあ。常識的に考えると不要なんだが・・・実力馬だけに怖い。


ペースはなあ・・・、馬場とトウケイヘイローの逃げっぷり次第だよなあ。
武豊だって東京2000を逃げ切るのは至難の業だって分かってるわけで、展開的にはスローに落としたいに決まってる。しかし、トウケイヘイローは瞬発力系の馬ではなく、スローに落としたらジェンティルドンナやエイシンフラッシュなどキレ系の馬の餌食だろう。ある程度のハイペースで行って消耗戦にしたい所。馬場は悪ければ悪いほどいい。というわけで、ハイペースになることを前提に予想する。




ちょっと調教後の馬体重を見てみよう。


■天皇賞秋2013、調教後の馬体重
天皇賞秋調教後の馬体重.jpg


まず、気になるのがエイシンフラッシュ。前走から+20kg。
輸送があるとはいえ・・・前走からプラス体重となるのでは?
調教は軽めだし、調教駆けする馬がCW【81.6-65.5-51.0-38.0-12.3】(仕掛)は不満。
いつも馬なりで11秒台が出る馬なんだけど・・・もしかして前走1着のダメージあったのかな?


次に、ジェンティルドンナ。この馬も前走から+20kg。
究極仕上げだった昨年のJC時が460kgだったことを考えると・・・かなり余裕残し?
馬なりで好時計を出してるけど・・・本当の狙いはJC2連覇か。


あとは、オーシャンブルーの+22kg。
しかしこの馬の場合、前走が−14kgの出走だったわけで、元々440kg前後がベスト。
本数が少ないのが気になるけど、一杯に追ってのプラスだから大丈夫だと思う。


というわけで、人気2頭はちょっと不安。




調教も見てみよう。


■天皇賞秋2013で調教が良さそうな馬。


・トーセンジョーダン CW【82.7-67.1-53.3-38.4-12.5】(一杯)
 天皇賞秋を勝ち、JCで2着だった時の調教時計とそっくり。一週前にも抜群の動き。

・トウケイヘイロー CW【81.3-65.9-51.6-38.9-12.4】(馬なり)
 これだけ使い詰めで来てまだ上昇するか?一週前にも鬼時計を出してるし、今年最高の出来。


目立って良さそうなのはトウケイヘイロー。それからトーセンジョーダンはC判定だけど良さそうに見えるけどなあ。まあ素人なんで見てもよく分からんのだけどね(笑)。


逆に、専門誌の評価はA判定だけど・・・注意が必要なのはエイシンフラッシュとジェンティルドンナ。特に稽古懸けするエイシンフラッシュは良く見えがちだけど、デムーロが乗ってこの時計だと少々物足りないと思う。ジェンティルドンナはここはアッサリでもおかしくない能力の持ち主だが、休み明け余裕残しがどう出るか・・・。




今年の天皇賞秋は、台風の影響があるかないかで大きく変わってくると思う。


とりあえず、穴馬候補を上げておこう。


馬場が悪くならない場合・・・


トーセンジョーダン
一昨年の超高速馬場での勝ち馬。年齢的に厳しいのは百も承知だが、ピークが長いトニービン系。
人気薄必至だし、鞍上メンディザバルだし、あっと言わせるかもしれんぞ。ただし良馬場希望。


ヴェルデグリーン
大外枠だが前走みたいに覚悟を決めて後方待機が出来れば面白い。
東京向けのジャンポケ産駒。良馬場なら切れる!


ジャスタウェイ
この馬も良馬場限定だろう。溜めて溜めてどこまで切れるか。
鬼のハイペースで前総崩れになれば出番があるかもしれぬ。



道悪の場合・・・


トゥザグローリー
この馬にとってG1奪取は悲願。血統的にG1さえ取れれば堂々と種牡馬入りできるからだ。
そして鬼が一頭しかいないこの秋天が最後のチャンスかもしれん。
一時期は最強世代の一番手だったこの馬。馬場悪化は母の血が生きるか?


ナカヤマナイト
父ステイゴールドは道悪の鬼。この馬自体、中山でしか走らないことで有名だが(笑)、
絶好の内枠を引いてスムーズに前に付けられれば・・・馬場悪化が助けてくれるかも。


オーシャンブルー
この馬も父ステイゴールド。道悪実績は無いが得意だと思う。前走は−14kgで力出せず。
この馬・・・なんだかお父さんを思い出すんだよなあ。前哨戦で惨敗してG1で結果を出すキャラ。


ダノンバラードも道悪は歓迎だろうが・・・枠が厳しい。




まあ、良馬場だったら、頭はジェンティルドンナでいいんだろうけどね。


馬場が渋ったら面白いぞ。台風の進路には要注意だ!


最終予想は日曜日。



ランカーの予想をズラズラッと見てみると面白い。

オルフェーヴルバナー.gif



ブックメーカーの天皇賞秋のオッズも要チェック(前日〜当日に発表)。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ