浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

阪急杯2014予想オッズ。大穴は?【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【阪急杯2014予想オッズ】


短距離路線は、王様ロードカナロアが引退して、


どの馬が台頭するのか要注目。今週は阪急杯が行われる。


昨年は一度も馬券圏外に外れることが無かったダノンシャーク。
その中には安田記念、マイルCSでの3着も含まれるわけだから、断然の主役。



■阪急杯2014予想オッズ(netkeibaより抜粋)

阪急杯2014予想オッズ.jpg


一番人気候補はダノンシャーク
格的には断然この馬。調教もかなりいいみたいだし、休み明けでも好走確率は高い。


問題は距離である。


この馬のキャリアは殆んどが1600〜1800m。しかも最近は殆んどがマイル戦である。
一度だけ1400m(スワンS)に出走したことがあるが、この時は2番人気に押されるも4着。
もしかすると、1400はちょっと忙しいかもしれん。


それから、阪神の馬場もちょっと引っ掛かる。
過去の出走歴を見てみると「東京」と「京都」が圧倒的に多いのである。
もちろん、阪神や中山でも走らないことはないのだが・・・
条件戦や開幕週だったりしてあんまり参考にならない。


要は、陣営がダノンシャークを「軽い馬場向きのマイラー」として扱ってるわけだ。


その分析はかなり正確で、
おそらく重い馬場は向かず(やや重以上未勝利)、
1400はちょっと短く、
2000m以上はちょっと長いのだろう。


今回の阪急杯は阪神1400だけに、
穴があると言えばこの点だと思う。


楽勝しちまうかもしれんが。


で、


2番人気候補がコパノリチャード
うーん。京都で好走して阪神Cで惨敗か・・・能力は認めるが・・・。


3番人気候補はガルボ
この馬の場合は、マイラーはマイラーでも1400〜1600のマイラー。
ってか多分1400がベスト。前走の京都金杯はトップハンデを背負ってのものであり、
今回も好走確率は高い。必ず馬券に入れておきたい。


以下、レッドオーヴァル、エピセアローム、と続くが・・・


狙いたいのはサンカルロ
毎年毎年、阪神カップ→阪急杯のローテを組んでおり、
この馬にとって阪神1400はベスト。年齢的な衰えさえなければ好走確実。


もう一頭応援したいのがサンレイレーザー
昨年のマイルCSでは14番人気ながら6着に好走。使った上がりはトーセンラーに次ぐものだった。
前走のオープン特別でコロッと負けてるから人気は全く無いだろうと思われるが・・・
初の1400で新境地が拓けるかもしれん。父ラスカルスズカ。応援したい血統である。


枠順、調教をチェックしてから結論。



ダノンシャークの取捨は・・・

オルフェーヴルバナー.gif



ドバイの馬券・・・買ったぜ。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ





アーリントンカップ2014予想オッズ。ミッキーアイル【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【アーリントンカップ2014予想】


もし出走叶っていたなら、
朝日杯でも好勝負をしたであろう・・・ミッキーアイル。


ミッキーアイル_アーリントンカップ.jpg


競馬において単純な時計の比較は、
あまり意味を為さないのは重々承知だが、


ひいらぎ賞の走破タイム1:34.2。
翌日同コースで行われた朝日杯1:34.7より、0.5秒も速かった。
スピード指数も2歳戦では出色の105である。
ご存知の通り、暮れの中山はかなりパワーがいる馬場である。


圧倒的と言っていいパフォーマンスだろう。


シンザン記念はウインフルブルーム(朝日杯3着)の猛追にあったが、




外枠発走の上(ウインフルブルームは最内)、直線は完全に目標にされてしまった。
後続には4馬身差をつけており、着差以上の快勝だったと思う。


で、このミッキーアイルがアーリントンカップに出走予定。


こりゃ、ただもらいの一戦だよ。


■アーリントンカップ2014予想オッズ

アーリントンカップ2014予想オッズ.jpg


netkeibaの予想オッズでは、
ミッキーアイルは1.6倍の一番人気予想となってるが、


いやいやいや。


1.5倍切るよ。


1.2〜1.4倍くらいでしょ。


どの陣営もミッキーアイルを避けたんだろうね。
少頭数になりそうだし、相手も貧弱。


2〜3番人気になりそうなタガノグランパはシンザン記念で千切られてるし、
エイシンブルズアイもとても敵いそうにない。


というわけで、


このレースはケンでしょうなあ。
予想する気も起きんわ。


お金持ちの為のレースでしょ。


しかし・・・ミッキーアイルはマイル路線で決まりみたいやね。
スピードが勝ってる馬だけど、2000mくらいこなしそうだけどなあ。


まあ、得てしてマイラーや短距離馬のクラシック挑戦は凶と出ることが多いのだが、
(秋以降ガタガタになることが多い)


皐月賞を制したマイル王なんてのも結構いるんだよねえ。


ジェニュインとかダイワメジャーとか・・・
サダムパテックは皐月賞2着だし・・・


いや、でもこんなもん。やっぱり少ないか。
それより、無謀なクラシック挑戦の方が多いような気がするな。


ミッキーアイルには、
NHKマイル→安田記念のローテで古馬に挑戦してもらいたい。


今週は中山記念の方がオモロいな。



ブロガー達の予想を見てみる。

オルフェーヴルバナー.gif



ドバイの馬券を買ってみる。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



中山記念2014予想オッズ【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【中山記念2014予想オッズ】


共同通信杯はイスラボニータが重賞2勝目を上げ、クラシックの主役候補へ!


イスラボニータ共同通信杯.jpg


坂を登るまで追い出しを待つ・・・余裕たっぷりの勝ちっぷり。
ベルキャニオンもサトノアラジンも素質たっぷりの馬だが、ちょっと役者が違った感じ。
まだまだ余裕の手応えだったし、折り合いはバッチリだからもっと距離が伸びても良さそう。


このまま皐月賞に直行らしいが、目標はダービー。
最近はこのローテ増えたね。



さて、今週のメインは中山記念。


注目はドバイへの壮行試合となるジャスタウェイとトウケイヘイロー。
しかし、伏兵陣も多士済済で面白いレースになりそうだ。


今週は雨?中山記念2014の重馬場適正診断はこちら。


■中山記念2014予想オッズ

中山記念2014予想オッズ.jpg


競馬に絶対はない。


ジェンティルドンナが京都記念で惨敗したのはショックだったが、
(東京・京都では無類の強さを誇る馬だけに)


まあ、競馬なんてそんなものである。
負ける時はあっさり負ける。


常に勝ち続ける、
もしくは馬券圏内で走り続けるなんてのは、よっぽど能力がないと無理。


ウオッカだってオルフェーヴルだって負ける時は負けるのである。


で、今回の中山記念。


注目はジェンティルドンナをぶっ千切って天皇賞秋を勝ったジャスタウェイ
とはいえ、天皇賞秋は最近レベルが低いG1でもある。
(ジャパンカップのステップレースと化しているし、高速馬場を嫌う陣営は出てこない)
以前はムラ駆けな印象があっただけに・・・


・本格化したのか?
・大駆けだったのか?


判断が難しいところだ。
さらに今回の目標はドバイ。目一杯に仕上げるわけもなし。
そして、この馬東京とか新潟の好走が目立つんだよなあ。もしかしてサウスポー?
中山は走らないってわけじゃなさそうだけど、軽い馬場の方が合うと思う。


人気を二分するであろうトウケイヘイロー
この馬の場合は、重い中山の方が絶対に合うだろう。
買うならコッチかな・・・と思ってたら、
予想オッズではトウケイヘイローの方が一番人気なのね。


これまたジャスタウェイと同じくドバイデューティフリーに出走を表明しているわけで、
この馬も9割仕上げで臨むことになるだろう。


これまた中山巧者として人気になりそうなヴェルデグリーン
オールカマー、AJCCと2つのG2を勝ってるわけだから当然有力。
ただ、距離が短いか・・・?


ロゴタイプが4番手?
そっか札幌記念以来の休み明けか・・・
結果論だが、札幌記念のダメージが大きかったのかな?
この馬もパワータイプの中山向け。能力で言えばここでは一番かもしれん。問題は仕上がり。


それから4連勝中のアルキメデス
金鯱賞を圧勝し有馬でも6着だったカレンミロティック
さすらいのサダムパテック(マイル路線に定めればいいのに。笑)。
マイルCS2着のダイワマッジョーレ
去年の中山記念勝ち馬ナカヤマナイト


と、かなりゴツイメンバーが集まった。


個人的には、中山巧者を狙い撃ち作戦。


ナカヤマナイトの人気が落ちてくれれば嬉しいのだが(笑)。



人気ブロガーの予想を見てみる。

オルフェーヴルバナー.gif



ドバイWCの人気は・・・?

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



共同通信杯2014予想【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【共同通信杯2014予想】


コパノリッキーには驚いたなあ・・・。
全くノーマーク・・・ってか、改めて馬柱見ても絶対買えんわ。


コパノリッキーフェブラリーS.jpg


しかし、ホッコータルマエを前々で完封したわけだから強い競馬だった。
結果論になるがタルマエはもうちょい前で競馬した方が良かったろうね。
ベルシャザールは鋭い脚を使うも届かず。もうちょい流れて欲しかったろう。
ワンダーアキュートは前が全く開かず。外に出すロスが響いたなあ。


いずれにせよ、ホッコータルマエ・ベルシャザールはドバイ行きの壮行会。
こんなもんでいいんじゃないかな。両馬とも1600mはちょっと忙しい印象だしね。


しかし、Dr.コパの風水あなどれんなあ。


・・・


さて、今日は月曜だが代替競馬。東京メインは共同通信杯G3。


東京コース立体図.jpg


■東京芝1800m
2コーナーポケットからのスタート。スタートしてすぐにゆるいカーブを回って向正面へ。内枠が若干有利だが、スローの上がり勝負となりやすいので、位置取りが大事。速い上がりを使える馬に注目。最後の直線は525m。逃げ、先行、差し、追い込み、どの脚質でも馬券になる。強いて言うなら差しが有利。


■共同通信杯2014の展開
逃げ馬不在のレースだけにスロー必至。1000m通過は60〜61秒・・・いやもっと掛かるかな。いずれにせよ上がりは33秒台の決着になるだろうから、位置取りがとても大事。スローが得意なキレ系瞬発力型が有利。先行出来るに越したことはないが、中団からでも差せると思う。



レコード決着だった東京スポーツ杯。





このハイレベルな一戦を先行して勝ち切ったイスラボニータ。
この時競り合ったプレイアンドリアルはその後京成杯を勝ち、
6着だったワンアンドオンリーはラジオNIKKEI杯を勝った。
他、クラリティシチー、サトノアラジン、ラングレーもその後活躍しており、


この東スポ杯が当世代の「キーレース」となる可能性が高い。


当然同コースで行われる共同通信杯であるからして、
イスラボニータが最も有力であるのは間違いなかろう。


問題はローテ。


すでに賞金面の問題はないイスラボニータが、何故このレースを使うのか謎だ。
調教を見る限りかなり状態も良く・・・これはトライアルは使わないつもりかもしれんなあ。


共同通信杯→皐月賞→ダービー(もしくはNHKマイル)


もしかしたら中山コースとの相性が悪いのかもしれん。


いずれにせよ不動の本命はイスラボニータ


問題は相手だが・・・これも人気ドコロでしょうがない。
なんとしても賞金を積み重ねたいサトノアラジンベルキャニオンガリバルディ陣営。
自己条件には目もくれず、ここに進めてきた。


いずれも軽い馬場での瞬発力勝負向きの血統だし(良血のディープインパクト産駒)、
クラシックの有力馬になりうる素質馬。
調教を見てても本気度が伝わってくる。


というわけで・・・


印は完全に人気通りでどうしようもなし。


怖いことに、上記4頭全て我がPOG馬であるからして、
本来馬券を買って応援したいところだが・・・


やっぱり穴馬券オヤジの私にとって、


このレースの馬券は買うべきじゃない。


イスラボニータ頭の三連単にしても全然つかんし、
ボニータが負ける馬券も買いたくないしなあ。


というわけで、


このレースはケン。


願わくば、1〜4着を独占して欲しい。



やっぱイスラボニータ押しのブログが多いわな。

オルフェーヴルバナー.gif



ドバイWCはベルシャザールの単複を購入したぜ!

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ

小倉大賞典2014予想。大穴の激走パターン【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【小倉大賞典2014予想】


穴馬が激走するパターンってのはいくつかあって、


・大敗続き
・高齢馬
・休み明け
・調教ズブズブ
・超軽ハンデ
・逃げ馬


これらは基本的に人気薄になりやすい。


この中で最近気を付けないといけないのは「高齢馬」「休み明け」である。


最近は技術の進歩もあって馬の競争寿命が明らかに伸びた。
フェブラリーSの馬柱を見てても7歳とか8歳の馬がゴロゴロいるのである。
穴馬を狙うのであれば、高齢を理由に馬を切ることはしない方がいい。


それから「休み明け」。
トレセンの発達とともに、休み明け初戦から好走する馬が増えたよね。
もうトレセンでばっちり仕上げてから入厩してくるわけで、
以前はG1の前に1回叩くのが常識だったけど、今は休み明け初戦でG1を勝つ馬も珍しくない。


という前フリしておいて、


小倉大賞典の予想。


■小倉芝1800m
スタンド前からのスタートで1コーナーまでは270m。1コーナーから2コーナーにかけては登りだし、小回りコースだけにテンはあまり速くならずスローで流れることが多い。最後の直線は290mと短く、器用に旋回できる先行馬を狙いたい。枠順は基本内が有利。


■小倉大賞典2014の展開
軽ハンデのエディン、ゼロスがハナを競う展開か。続くのはラストインパクト、タムロスカイ、ミヤジタイガ、ブレイズアトレイルあたり。カフナ、カルドブレッサ、サンライズメジャー辺りが中団、後方にはアロマティコ、シャトーブランシュ、スマートギア、ラブイズブーシェが待機。


どうなるかわからんが、勝手に「スローの前残り」を想定する。
後ろからの馬は軽視。



カフナ
目黒記念で一線級と互角に渡り合った馬だが、9ヶ月ぶりの休み明けということで8番人気の低評価。
もちろん鉄砲の不安も大きいのだが、このメンバーなら勝ち負け出来るんじゃね?
調教は動いてるし、絶好調の池江厩舎。最内枠を引いたし「休み明けの人気薄」を狙ってみる。


カルドブレッサ
中山金杯2着馬が55kgは恵まれた感あり。初重賞が狙えるか。


タムロスカイ
小倉には度々遠征しており、1800はベスト。
超人気薄だがきっちり仕上がってるし、ここを狙いすまして来た感あり。粘り込めるか?


ミヤジタイガ
弥生賞2着馬だが、どうも適正がわからん。
もしかしたら小回り平坦はストライクかも。切れる脚が使えんが、流れに乗れれば。


ブレイズアトレイル
富士S5着、京都金杯4着と力をつけている印象。ただ、1ハロン長いか。



馬連 ◎流し 4点×100円
3連複 ◎流し 6点×100円



海外馬券が買えるようになると、もっと人生楽しくなるぞ。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ