浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

桜花賞2014予想オッズ【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【桜花賞2014予想オッズ】


泥んこの不良馬場で行われた高松宮記念はコパノリチャードが快勝。
しかしDr.コパG1連勝かあ、すげえなあ(笑)。


コパノリチャード高松宮記念.jpg


本命にしたスノードラゴンが大外からぶっ飛んで来た時は手を叩いた!


久しぶりに馬連万馬券大当たり(笑)。


さて、


今日は桜花賞について。


予想オッズが出るのはまだ先だが、
とりあえず独断と偏見で上位人気を予想しておく。


まず出走予定馬。


優先出走馬。

ハープスター(チューリップ賞1着)
ヌーヴォレコルト(チューリップ賞2着)
リラヴァティ(チューリップ賞3着)
ベルカント(フィリーズレビュー1着)
ニホンピロアンバー(フィリーズレビュー2着)
ペイシャフェリス(アネモネS1着)
ニシノミチシルベ(アネモネS2着)


以下は賞金順。

レッドリヴェール
ホウライアキコ
フォーエバーモア
マーブルカテドラル
フクノドリーム
コーリンベリー
アドマイヤビジン
シャイニーガール
モズハツコイ


以下抽選予定(2/4)

カウニスクッカ
ダンスアミーガ
ブランネージュ
レーヴデトワール


■桜花賞2014予想オッズ

ハープスター 2.1倍
レッドリヴェール 3.6倍
フォーエバーモア 7.4倍
ベルカント 12.9倍
ホウライアキコ 17.8倍
ヌーヴォレコルト 23.6倍

以下高オッズ。


・・・と個人的にオッズを付けてみたが、


netkeibaの予想オッズが出たので載っけておく。


■桜花賞2014予想オッズ(netkeibaより)
桜花賞2014予想オッズ.jpg



まず、ハープスターが一番人気になること間違いなし。
すでに凱旋門賞にも登録し、ダービーも狙おうかという逸材。
チューリップ賞は全くの楽勝であり、グルッと回ってきただけ。
ダメージは皆無でむしろ上積みがあるだろう。
しかし、この馬の目標はオークス(ダービー?)であり、
凱旋門賞に行くためにも取りこぼしは許されない一戦。


しかし!同世代にもう一頭の天才少女がいる。レッドリヴェールだ。
実際に阪神JFではハナ差ハープスターを退けており、今回が2度目の対戦。
懸念はぶっつけ本番であること。この馬も先を見てるのだろう。
一点有利なのは阪神競馬場であること。
血統的にも実績を見てもこの馬は力の要る馬場が得意。
これが東京や京都ならハープスターの方が強いと思う。


私の予感だが、この両馬はウオッカとダイワスカーレット、ブエナビスタとレッドディザイアのような関係になるような気がするなあ。


3番人気候補は離れてフォーエバーモア
しかしこの馬も阪神JFではハナ・クビ差の接戦を演じており、
今年緒戦のクイーンカップを快勝しているし、
展開や馬場が味方すれば逆転出来るかもしれん。
馬券的妙味は上位2頭より圧倒的にこの馬だと思う。


4番手はベルカント
一応フィリーズレビュー勝ち馬だからある程度人気になると思うけど、
ちょっと上位3頭とは差があるかなあ。


5番手評価のホウライアキコはおそらく軽い馬場が合うスピード馬だから
阪神外回りは多分合わんだろう・・・。


というわけで、


桜花賞は基本阪神JFのリターンマッチ。


ハープスター、レッドリヴェール、フォーエバーモアの3強の戦いと見る。
(メディアはハープスターの一強扱いだろうけど)


ハープスターは決して絶対ではない。
展開に左右される追い込み脚質であり、
基本キレ系瞬発力型であるからして阪神よりは東京向きである。


もちろん能力は非常に高いし、
スローのヨーイドンでも届く阪神外回りなら十分に戦えるが、
前を行くフォーエバーモアの粘り腰は脅威であり、
レッドリヴェールのど根性はさらに脅威なのである。


週間天気予報を見てみると・・・曇が続く微妙な天候。
仮に雨が降って重馬場となれば、道悪の鬼レッドリヴェールが有利になる。


私は基本、穴馬券しか買わんのだが、


今回はドモナランなあ(笑)


さらにレッドリヴェールがPOG馬なだけに、
他の馬から買う気にもなれんしなあ。


まあ、調教や枠順を見てからだが、


馬券はこの3頭の並び順。
馬単か三連単で1点か2点。


・・・の予定。


本来ケンだけど。



あ、ドバイワールドカップ回顧はこちら。



他の予想家を見てみる。

オルフェーヴルバナー.gif



ドバイワールドカップ2014回顧

【ドバイワールドカップデー2014回顧】



昨日は眠れぬ夜を過ごした方も大勢いると思うが・・・



祝!ジャスタウェイ!ドバイデューティーフリー圧勝!

ジャスタウェイ_ドバイデューティーフリー.jpg



祝!ジェンティルドンナ、ドバイシーマクラシック激勝!

ジェンティルドンナ_ドバイシーマクラシック.jpg



ドバイワールドカップやゴドルフィンマイルは残念な結果だったが、


この2勝は日本勢にとってかなりデカイ。


何故なら、


両レースともに日本馬の実力が
ドバイの芝で通じることを改めて示したわけであり、


両レースの1着賞金は実に300万ドル(約3億円)なわけで、
3億円と言ったら有馬記念より凱旋門賞より高い賞金なのであり、


来年以降も多くの実力馬が海を渡ることになるだろうからだ。


特に中距離が得意なジャスタウェイやジェンティルドンナのような馬にとって、
春の天皇賞戦線は全くもって意味を為さない。
やもすれば宝塚記念しか目指すレースがないのである。


そして宝塚記念は時期的に暑いし、
出走するとなると秋までの間隔が短く調整が難しい。


JRAはそこら辺を考えて番組を作って貰いたいところだ。
宝塚記念はオークスの前辺りに持って来た方がいいんじゃないかなー。


さて、


ドバイの回顧をしておこう。



■ドバイワールドカップ2014



ドバイワールドカップ2014結果.jpg


勝ったのは地元のアフリカンストーリー


重賞では好走するけどG1では足りない・・・って競馬を続けていた馬だが、この大舞台で大輪の花を咲かせてみせた。


しっかし、この馬を含めて「せん馬」が多いこと!
日本ではせん馬を探す方が難しいけど、外国では当たり前にチョン切るのな。


レースはダンゴ。


ホッコータルマエは絶好の2番手。
ベルシャザールは中団の内につけてこれも良いポジションに見えた。
勝ち馬のアフリカンストーリーはベルシャザールの前。


スローのまま直線に向くと、
絶好の手応えでアフリカンストーリーが前を捕まえに行く。


ホッコータルマエはいきなり手応えをなくして後退。
ベルシャザールはしぶとく脚を伸ばそうとするも・・・思ったより伸びず。


結局スローで逃げたムカドラムが2着に粘った競馬なわけで、
なんだかあまり見応えは無かったように思う。


前にも言ったが、このレースにはアメリカの強豪が参戦しておらず、
レースレベルは疑問。


それだけに日本馬にも十分チャンス有りと見ていたが、
やっぱりオールウェザーが合わんかったのかなー。
それとも調整が難しかったのかなー。


まあ、いずれにせよチャレンジすることが大事。
ホッコータルマエなどは是非来年も挑戦して欲しい。


ちなみにこのアフリカンストーリーのオッズは13倍。5番人気だった。




■ドバイデューティーフリー2014回顧



ドバイデューティーフリー2014結果.jpg


つ、強い!強すぎる!


と思ったアラビアンも多いと思う。
それほどジャスタウェイのパフォーマンスは素晴らしかった。


中山記念で好位に付けたレースを行ったことから、
今回も前目で競馬すると言われていたが、福永は後ろから行くことを選択。


トウケイヘイローは当然前へ。
ロゴタイプは外目の好位に付ける。


これまたあまり速いペースじゃなかったと思うが、
トウケイヘイローは楽な手応えで馬群を引っ張り4コーナーへ。


この時点でジャスタウェイはまだ後方3番手。


しかし!


4コーナーで外に出すと弾けるように伸びて


あっという間にゴボウ抜き!


残り300mの地点で先頭に立つと、


後は差を広げるばかり。


結局6馬身1/4の差をつけ、レコードV。


陣営は自信満々だったらしく、
須貝調教師は「ある程度勝てる自信はあった」と言い。
福永祐一は「驚きはありませんでした。それくらい強い馬です」と言っている。


今後は、安田記念に行くのか、宝塚記念に行くのか・・・
はたまた香港なんてのもあるかな?


いずれにせよ楽しみだ。


ロゴタイプ、トウケイヘイローは残念な結果だったが、


ナイスチャレンジ。


失敗の繰り返しが成功するための必須条件だ。



■ドバイシーマクラシック2014回顧



ドバイシーマクラシック2014回顧.jpg


いやー、ジャスタウェイも強かったが、
ジェンティルドンナの勝ち方は違う意味で強かったわ。


スムーズな競馬をしたジャスタウェイと較べて、
ジェンティルドンナは何度も何度も不利があったんだよ。


それでも勝ち切ったあたりハンパないわ。


まず1コーナー。近くの馬がいきなり逸走。
斜め後方からぶつけられて外に押されたがなんとか踏みとどまる。
ジェンティルドンナの後ろにいた馬はかなりの影響を受けたと思う。
結局この馬は外ラチまで行って騎手を振り落とした。
何があったか分からんがオルフェーヴルを思い出したのは私だけではあるまい。


驚いたのはデニムアンドルビー。


出遅れることで有名な馬だが、
好スタートからなんとハナに立つ競馬。


落ち着いてるように見えたが、
馬群後方で溜めるだけ溜めて結果を出して来た馬。


こうなると化け物でもない限り終わりだわな。


ジェンティルドンナは不利にもめげず6〜7番手の内。
3コーナー付近がじわじわと前を見据えて進出を開始するのだが・・・


4コーナーを回ってから完全に蓋をされる格好に。


1度抜けだそうとするも外からシリュスデゼーグルに被せられて行けず。


2度目デニムアンドルビーの横を抜けようとするも
今後はアンビヴァレントに被せられて行けず。


この両馬に完全にブロックされたが、


そこからが凄い。


シリュスデゼーグルが抜け出すのを待ってから


強引に外へワープ!


前が開いてからは怒涛の末脚を発揮して一直線にゴール。


シリュスデゼーグルに乗ってたスミヨンも
「あんだけブロックしたのに・・・参ったわ」と言ってたとか言ってないとか。


なんだかウオッカの安田記念を思い出したー。





ジェンティルドンナは年内引退が決まったそうだが、
今後のローテはどうなるんやろね。


まあ、宝塚記念で去年の雪辱を晴らすんだろうけど・・・
今年は盛り上がるなー!


ジェンティルドンナ
ジャスタウェイ
ゴールドシップ
ウインバリアシオン
キズナ
エピファネイア
メイショウマンボ


みんな出てくるといいけどなー。



ドバイミーティング2014の結果・関係者のコメントはこちらから。






そうそう。


2014年のドバイ馬券は(ドバイ2014の予想はこちら


ジェンティルドンナの単勝が当たり(10ドル×4.5倍)。
ホッコータルマエの単複外れ(10ドル負け)。
ベルシャザールの単複外れ(20ドル負け)。


トータルはちょい勝ち。


まあ、勝ち負けはいいとして、


「ジェンティルーー!

前開けんかぁぁあ!横!横!そう!行けッ!行けッ!」


とビール片手に大声出して応援(笑)。


やっぱ競馬は馬券買って応援するに限りますな。


さて次は香港のクイーンエリザベス2世Cかな?
エピファネイアが出走予定って話だけど・・・。


秋には凱旋門賞があるし、


ブックメーカーのアカウント持ってない人は
今のうちに登録しておくことをオススメする。


せっかく競馬に出会ったんだから、ちょっとでも多く楽しまんとな。



海外馬券の買いたい場合こちらを参考に。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ




高松宮記念2014予想。重馬場適正は?【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【高松宮記念2014予想】


まだ、興奮冷めやらぬ(笑)。


ジャスタウェイ_ドバイデューティーフリー.jpg


ドバイの回顧はこの後の記事で書こう。


さて、今日は高松宮記念。


春のスプリント王決定戦だが、
勢いか?それとも実力馬か?・・・雨が降りしきる中不良馬場での一戦。


なかなか面白そうだ。


■中京芝1200m
中京コース立体図-new.jpg

スタートは向こう正面。3コーナーまでは350m程度のゆるい下り。スプリント戦だけにテンは速くなりそうなもんだが・・・他場のスプリント戦と違って前傾ラップになりにくい(昨年の高松宮記念は「前半34秒3−後半33秒8」)。そのまま4コーナー過ぎまで延々と下りが続き、最後の直線は412m。残り300m地点から坂が出現。タフな競馬になることが多く、逃げ切りは至難。差し馬を狙うのがセオリーで、明らかに外枠が有利の内枠不利。


■高松宮記念2014の展開
ハクサンムーン、コパノリチャード、レディオブオペラを筆頭に、逃げ・先行馬がズラリ。ペースは速くなると見ていいだろう。しかし短距離王決定戦だけに、ペースが速くなったからといって前に行った馬が止まるとは限らん。事実昨年のハクサンムーンは逃げて3着に粘っているわけで・・・。しかし先週の結果を見てると、今の中京は明らかに外差しが利く馬場。前に行く馬は割り引いて考える。


■高松宮記念2014の馬場状態
現時点のJRA発表は「不良」。天気予報を見てみると「雨100%」であり、馬場の回復は見込めそうにない。つまりドロドロの重馬場での戦いとなるわけで、スピードよりパワー重視の予想をしたい所だ。


■高松宮記念2014で重馬場適正がある馬は?

・マジンプロスパー(重馬場以上【1.0.0.0】中京1200実績もあり不気味)
・サンカルロ(重馬場以上【1.0.0.0】パワー型シンボリクリスエス産駒)
・ストレイトガール(重馬場経験はないが、洋芝実績は抜群)
・シルクフォーチュン(元々ダート馬だけに。笑)
・アースソニック(重馬場以上【1.0.0.1】着外の一戦も4着)
・スマートオリオン(重馬場以上【1.0.0.0】500万下時代のものだけど)
・スノードラゴン(この馬も元々ダートで勝ち上がってきた馬)
・マヤノリュウジン(重馬場以上【1.0.0.0】この馬は地方馬だしね)
・コパノリチャード(重馬場経験はないが血統的に得意そう)


はっきり言って、重馬場以上のデータがあまりなく実際どうかは難しい所だ。
爪とか体型で判断出来ればいいんだろうけど、これも難しいよなー。


■高松宮記念2014で重馬場が苦手そうな馬は?

・ハクサンムーン(過去重馬場11着。軽快なスピードが持ち味だけに)
・レディオブオペラ(京都で連勝してきた馬だけに・・・)



ぬうう。


難解であるなー。


不良馬場ってことは、


もう何が起こるかわからんわけで、


大穴狙いでガツンと行きたいと思う。


狙いは差し馬勢。
差し→差しで決まることを願う。


スノードラゴン(9番人気)
前走のオーシャンSは前残り好位勢の競馬。内々でそつなく乗ったスマートオリオンが快勝したのだが、この勝ち馬に後方からグイグイと猛追したのがスノードラゴン。中山では圧倒的に不利な外枠、前残りの展開を考えるとこの馬が一番強い競馬をしたと思う。今回有利な外枠を引いたし、ダートでここまで勝ち上がった馬だけに、力の要る重馬場は願ったりだろう。調教の具合もかなり良さそうだし、展開と馬場が味方すれば確実に差して来るぞ。大穴の使者はこいつだ。


サンカルロ(7番人気)
本命にするか迷いに迷ったが、残念ながら内枠を引いちゃったんだよなあ・・・内はただでさえ伸びないのに、荒れてくるだろなあ。どうやって外に出すかが問題やねー。ゴチャ付いたらジ・エンド。この馬はハイペース専用のパワー型差し馬で、厳しければ厳しいペースになるほど確実に差し脚を使う。もう8歳だが前走の通りまだまだ走れるぞ。最後のチャンスか?


マヤノリュウジン(13番人気)
スプリンターズSでハクサンムーンと首差だった馬である。その後凡走してて人気急落してるんだが、G1の厳しい流れが向く馬だし、前走は休み明けの一戦と割り切ればココでは買える存在になる。最高の枠を引いたし、地方馬だけにこの馬場も味方になる。中団の外目を追走して欲しい。


コパノリチャード(3番人気)
前で買いたいのがこの馬。前走の阪急杯は異常に強かったし、距離短縮もむしろプラスになると思われる。パワー型のダイワメジャー産駒だし鞍上はデムーロ。展開が鍵だが、控える競馬を匂わせてるし・・・先行勢ではこの馬。


シルクフォーチュン(15番人気)
稀代のダート追い込み馬。再び芝にチャレンジするわけだが、望外の不良馬場になった。無心で追い込みの賭けて欲しい。


馬連 ボックス 10点×100円
三連複 ◎流し 6点×100円


我ながらやり過ぎかなーと思うが、


不良馬場だしね。


先行勢総崩れなんてことが起きれば、突っ込んでくるのは後方待機馬。
展開云々より馬場が荒れたら内は馬は止まりそう。


さてどうなりますやら。


ちなみに、高松宮記念2014ブックメーカーのオッズはこんな感じ。
ウィリアムヒル高松宮記念2014.jpg


馬によってはブックメーカーで馬券を勝った方が良かったりするが・・・
今回はあんまり美味しい馬はいないね〜。


人気ブログの予想をダダダダッと見てみる。

オルフェーヴルバナー.gif



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ




毎日杯2014予想【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【毎日杯2014予想】


今日は中山で日経賞が行われるんだが、
ウインバリアシオンで馬券的にどうしようもない。
買うならオーシャンブルーとの一点買いかな・・・しかしムラがあるからなあ。


ま、いずれにしても毎日杯の方が馬券的には面白そうやね。


■阪神芝1800m外回り

阪神コース立体図.jpg

2コーナーポケットからのスタート。3コーナーまでは600m強の直線なので、枠順の有利不利はあまり考えなくていい。外回りのゆったりとしたコース形態であり、最後の直線は473mと長い。展開的にはスローの瞬発力勝負になることが多く、スローになると「前有利でしょ」と考える人が多いと思うが、実は圧倒的に差し有利。ヨーイドンが得意なキレ系瞬発力型の馬を狙いたい。


■毎日杯2014の馬場

コース的には瞬発力型の馬に有利なのは間違いないのだが、問題は今の馬場である。先週のレースを見てるとそう速い時計が出ているわけでもなく、準オープンの芝2000で2:00.1(レースの上がりは36.3)である。阪神は週中降雨があったようで、現在は良馬場発表だが、ちょっと重い馬場を想定しておいた方がいいかもしれん。


■毎日杯2014の展開予想

どの馬が行くのかさっぱり分からんが、前走で逃げたデビル、スピードがありそうなエイシンブルズアイ、後は内枠に入った馬が先行するか?いずれにせよハイペースになることは考えにくく、平均ペース〜スローを予想しておいた方が良かろう。問題は馬場が重くキレが削がれるケースだが、そうなると前々で運んだ馬が残るかもしれんな。


■毎日杯2014の予想

スローの瞬発力勝負!ということであれば、ディープインパクト産駒の独壇場。人気のラングレー、ステファノス辺りが有利と見るが、今はゴールドシップが圧勝出来るような重い馬場である(笑)。パワー重視の予想で穴を狙いたい。


ピークトラム(10番人気)
父はパワー系のチチカステナンゴ。日本の軽い馬場には合わないのか、今のところ目立った活躍馬は出てないわけだが、この馬も勝ちきれぬ競馬が続いてるな。ただ、2着に負けたひいらぎ賞は相手が悪かったし(ミッキーアイル)、そもそもきさらぎ賞4着はこのメンバーなら実績上位。おそらく京都よりも中山・阪神の方が力を出せると思うぞ。この人気薄なら狙い目十分。


デビル(12番人気)
父はSSの中でもパワー系のダイワメジャー。前走はスローの阪神2200を逃げて快勝。今回叩き2戦目となるし、兄は有馬記念で大穴を開けたアドマイヤモナーク。なんだか穴馬の匂いがぷんぷんするな(笑)。今回鞍上がどう乗るかだが・・・キレる脚はないだけに先行して粘る競馬を。バルジューだけに一発あるかもよ。


サングラス(11番人気)
2勝してる馬だけど人気ないなあ・・・外人騎手だから押さえておく。


エイシンブルズアイ(4番人気)
父はBelgravia・・・って全然知らん(笑)。ミスプロ系ゴーンウエストの系譜なので多分パワー系アメリカ血統だと思う。・・・が、この馬の場合、スローの瞬発力勝負で勝って来てる馬なんだよね。ある程度流れた前走は惨敗してるわけだし・・・。しかし調教内容が凄いので押さえておく。


マイネルフロスト(5番人気)
共同通信杯4着の実績はこのメンバーでは上位。ただ、この馬の父はブラックタイド(ディープインパクトの全兄)であり、今までの実績を見てもキレ系瞬発力型の馬。おそらく東京や京都の方が合うと思う。しかし調教は抜群にいいから押さえとく。この馬は皐月賞はパスしてダービー路線に行くみたいやね。


アスマシャトル(1番人気)
阪神実績はあるし、父はパワー系ゼンノロブロイ。押さえ。


ラングレー(2番人気)
この馬場は合わないと思う。けど能力上位。押さえ。


三連複 ◎流し15点×100円


荒れますように。


・・・


そうそう。


今日はドバイワールドカップデー!


中継は深夜だけど(ドバイワールドカップ中継情報
グリーンチャンネル持ってる人は日本馬の応援をしよう〜!


ちなみに管理人のドバイ馬券はこちら!



上位ランカー達の高松宮記念の予想は?

オルフェーヴルバナー.gif




ドバイワールドカップ2014枠順決定!最終オッズと予想。

【ドバイワールドカップ2014最終オッズ】



いよいよ明日3月29日は、ドバイワールドカップデー。


ドバイワールドカップ2014バナー.jpg


ブックメーカーのウィリアムヒルのトップページにも特設バナーが出現。


ドバイワールドカップ2014レース.jpg


日本からは、


ドバイワールドカップにホッコータルマエベルシャザール
シーマクラシックにジェンティルドンナデニムアンドルビー
デューティーフリーにジャスタウェイロゴタイプトウケイヘイロー
ゴドルフィンマイルにブライトライン


が出走する。


しかし、こんなに大挙してドバイ遠征するのは初めてじゃないかなー。
いつも2〜3頭、多くて4〜5頭だった気がするけど。


ちなみに、今日の夕方位までなら馬券も買えると思うぞ。


応援馬券を買いたいヤツ!
勝負馬券を買いたいヤツ!


は、海外馬券の買い方を参考に。


最も注目されている・・・
世界最高賞金額のドバイワールドカップの枠順を見てみよう。



■ドバイワールドカップ2014枠順JRAホームページより
ドバイワールドカップ2014枠順.jpg
1着賞金は約6億円!スタートは3月29日の日本時間27:05。


ベルシャザールはいい枠と引いたなあ・・・
内々で流れに乗って溜めることが出来れば。


ホッコータルマエはもうちょっと内が欲しかったか。
でも陣営の希望通りみたいやね。内を見ながらダッシュしたいのかな。



■ドバイワールドカップ2014最終オッズ
ドバイワールドカップ2014オッズ3月28日.jpg


ルーラーオブザワールドが一番人気に押されてますな。
昨年の英ダービーを圧勝した馬だが、その後はいまいちパッとしない成績。
オルフェーヴルやキズナが挑戦した凱旋門賞2013では7着だった。
うーん。正直世界最高のレースで一番人気に押されるほどの馬とは思えんが。


2番人気にミリタリーアタック
クイーンエリザベス2世CとインターナショナルCに勝ってる香港の馬だが・・・
暮れの香港カップ(トウケイヘイローが2着だったレース)では4着だった馬。
正直この馬もそんなに強いとは思えん。


3番人気にアケードモフィード
その香港カップを勝ったのがこの馬。しかしG1はそれだけ。
海外の馬はよくわからんのだが、まあ強いのは強いんだろうけどねえ。


同じく3番人気に地元のプリンスビショップ
うーん。この馬も正直どうなの?といった感じ。前走でAW2000のG1を勝ってるみたいだけど・・・
しかしまあレースレベルとか比較しようがないかんなあ。


で、人気が上昇したのがベルシャザール
2週前の時点では15.0倍だったけどね。13.0倍まで上昇。


逆に人気が落ちたのがホッコータルマエ
13.0倍から15.0倍に落ちた。


だけんどもしかし。


ケンタッキーダービー馬!
凱旋門賞馬!
英ダービー馬!


とかがいるのなら・・・


あ、英ダービー馬はいるんだけど(笑)、


米G1を勝ちまくってる化け物とか
欧G1を何勝もしている古豪とか


そういう強豪がいるのならちょっと勝ち目は薄いかなと思うんだけど、


最近G1勝ったばっかりです!
香港では結構強いです!


といった馬が相手であれば、


ドバイ、マジで勝てるんじゃね?


と思うんだがいかがだろう。


ライバル馬陣営もかなり意識してるみたいだし、
日本の馬のレベルは高い。ベルシャザールは非常に強い!


ベルシャザールの13.0倍。
ホッコータルマエの15.0倍。


いずれにしても美味しいかと。


いや、もちろんアウェイであるし、
輸送の問題もあるし、
オールウェザーが合うかどうか?
といった根本的な問題もあるし、
そもそも力関係がさっぱり分からんのであるが、


今回は相手に恵まれた・・・と思うのである。


逆にシーマクラシックデューティーフリーは強敵揃いだけどね。


ちなみに、管理人はベルシャザールの単複にベット済み。
馬券購入の模様はこちら


このメンバーなら十分やれると考えている。


さて、


明日はテレビにかじりついて応援だ!




馬券を買いたいヤツは急げ!まだ間に合うぞ!

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg