馬券に宝くじ式課税?馬券の儲けが非課税になる?購入時に課税するだとー! - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

馬券に宝くじ式課税?馬券の儲けが非課税になる?購入時に課税するだとー!

【当たり馬券に対する課税問題】



「馬券に宝くじ式課税?」
「馬券の払い戻し金額が減る?」



ハズレ馬券は経費になるのか.jpg



何の話かというと、馬券の課税問題である。
これは私達のような小馬券オヤジには関係ない話に見えるが、
明日100万馬券が当たるかもしれんわけで(笑)、
そんときゃ税金を納めにゃならんわけで、



大いに大いに関係ある話なのである。



一般的なサラリーマンの場合、
馬券の儲けが年間90万円を超えると税金を払う義務があるそうなのだが・・・



馬券に対する課税に関して、
大きな問題点が2つあるわけだ。



一つは、ハズレ馬券は経費にならないこと。
二つ目は、納税は自己申告だということ。



先日、大問題になって訴訟騒ぎになったのが、



「ハズレ馬券は経費になるのか?」



という「ハズレ馬券裁判」
この裁判では、28億7000万円分の馬券を買って、30億1000万円の払い戻しを受けた人に対して、税金は「30億1000万円に掛けるべきである!」というのが従来の主張(検察側の主張)。
しかし、この人は「いやいや!税金は純粋な利益である1億4000万円に掛けるべきでしょ!」と言って訴訟になったわけ。



もう、我々馬券オヤジからすれば「検察ってアホ?」と思うような話だが、
実際に30億1000万円に対して課税されたのである。
(厳密にいうと、当たり馬券の購入費は経費と認められるから29億円に課税された)



その課税額6億9000万円。



1億4000万円勝って、税金の支払いが6億9000万円である。



払えるはずがないわな(笑)。



んで、「あんたらアホか!」ってんで裁判になったわけだが、
裁判所も「こりゃオカシイわ」と判断し、
「この人の場合はハズレ馬券も経費として認める」と判決を下したわけ。



しかし、この人は「例外的に」ハズレ馬券が経費として認められただけで、
今もハズレ馬券は経費として認められてないのである。



ハズレ馬券を経費として認めないとどうなるのか?



実際、どんな馬券の名人であっても勝ったり負けたりの繰り返し。
その結果年間トータルで110%とか120%になれば奇跡的勝利なのであって、
(上の人も28億円買って1.4億円の勝ち、つまり105%である)



そこから20%とか30%とか税金を取られたら・・・
馬券と税金についてはこちらが詳しい
競馬で勝つことは実質不可能になりますな。



んで、この事件があって政府も考えたわけ。



つまり、



「経費云々は置いておいて、馬券販売時に課税しちゃえばいいんじゃね?」



ぜ、全員に課税するわけ?



ブッコロス!



ぶっころす.jpg



んで、次の問題。



馬券に限らず、一時所得や雑所得の申告は「自己申告」なのである。
株やFXなどの収入やアフィリエイトなどの副収入もそう。
つまり、基本的には申告しなければ税務署は分からんのである。
(その代わり、ばれたら追徴課税となる。恐いのでちゃんと納税しよう)



しかし!



馬券の場合、競馬場やWINSで馬券を買えば、いくら勝とうが絶対バレないのである。
仮に大口払い戻しがあったとしても氏名や金額がチェックされることはない。
つまり、何も証拠が残らないからバレようがない。
馬主とか大金持ちなんてのは一日で100万を超える払い戻しなんてしょっちゅうだろうけどね。
競馬場で馬券を買えば、一切足はつかないのである。



PATで買う場合は銀行口座に履歴が残るので調べれば分かるのだが、
JRAも提携銀行も税務署に報告する義務は一切ないわけで、
基本的にはここからもバレる心配はない。
しかし、税務署に「こいつは怪しい」と思われたら最後。
徹底的に調べられて、上の人みたいにバレてしまうわけ。



要するに、



「馬券に課税」



ってのは建前であって、



実際に「自己申告」して税金を払っている人は極めて少ない!わけだ。



ここでまた、



「馬券販売時に課税しちゃえば問題ナッシングじゃん?」



と、恐い顔の官僚が考えたわけだ。



ヒソカ恐い顔.jpg
多分こんな顔(笑)。



・・・



だけんどもしかし!



あんたら、もう先に課税してるじゃん!



競馬は公営ギャンブルであるからして、約25%の控除率(テラ銭)を取ってるのであり、
そのうちに約10%は国庫(農林水産省の財源)に納められているのである。



これは「国庫納付金」であり「税金」じゃない!と言うのだろうが、
俺らからしたらどっちも同じじゃい!



この10%を11%とか12%にして、



税金のトリッパグレを無くし、
ハズレ馬券は経費?問題もウヤムヤにして災い転じてなんとやら。



ってのが今回の「馬券の宝くじ式課税」なのである。



この方式によると「ハズレ馬券にも課税されることになる」わけで、
おまえら「ハズレ馬券は経費と認めん!」って言っておきながら、
自分達はハズレ馬券にも課税しようとするんか!



ブッコロシ!



ぶっころす.jpg



元々、10%が国庫に納まる競馬なのであるから、
勝った分に課税するのは「2重課税」であるのは紛れもない事実。



101歩譲って国庫納付金と税金を別に考えるにせよ、
ハズレ馬券は誰がどう考えても「経費」であり、
裁判所もその点は認めたわけであるから、



まず、



「ハズレ馬券は経費として認める」



と発表するのが先であろう。



つまり、「年間トータルで○○万円勝った場合に課税」と改正するのが先。



その上で、今の課税方式がマズイということであれば、
その時初めて「どうやって課税するか?」を考えるのが筋ってもんだろう。



じゃないと競馬ファンは納得しないよ。



納得しない.jpg



だいたい、競馬の所得を「一時所得」にして総合課税にするのが間違いでしょ。
実際、だれも申告しないわけだし。



どうしても課税したいのなら、



50万円以上の払い戻しの場合に限り、
払戻金額の3%を税金として引いて払い戻す。



とかすればいいんじゃないの?



50万の場合3%15,000円税金取られて485,000円払い戻しされるわけ。



これなら小馬券オヤジには日頃全く関係ないし(笑)、
仮に50万円以上の払い戻しがあっても3%くらいなら許せるし、
トリッパグレも無いわけだしね。



まあ、馬主やお金持ち連中は大反対だろうけど、
あんたらも今まで全く税金払ってないわけだから勘弁願いますよ。



しかし、競馬もドンドンやり辛くなりますなあー。



関係者がこの記事読んでくれればいいんだけど。



ブックメーカーとPATを使い分けると税金対策になる?(笑)。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101868092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック