凱旋門賞2014レース回顧。敗因は?レース後のコメント。 - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

凱旋門賞2014レース回顧。敗因は?レース後のコメント。

【凱旋門賞2014回顧】



無念!日本勢、夢舞台で散る!



凱旋門賞2014回顧2.jpg



やっぱり凱旋門の壁は高いのか・・・



鋭く追い込むも時すでに遅しのハープスター。
内を突いたが伸びなかったジャスタウェイ。
ロングスパートも直線全く伸びなかったゴールドシップ。



結果は、



ハープスター 6着
ジャスタウェイ 8着
ゴールドシップ 14着



■凱旋門賞2014結果、着順
凱旋門賞2014結果、着順.jpg
JRA凱旋門賞2014の結果より



凱旋門賞2014を回顧する。







スタートでゴールドシップは予定通りの出遅れ(笑)。
内枠を引いた時点で前につける選択肢は無くなったからなあ・・・
横典は予定通り最後方から。



ジャスタウェイはもうちょい前に行くかと思ってたがなあ。
行き脚が付かなかったか、鞍上が押さえたのか?
福永「もっと積極的に行っても良かった」



ハープスターは予定通り。



隊列はペースメーカーのモンヴィロンが引っ張る流れ。
キングストンヒルが2番手。
ルーラーオブザワールド、タグルーダが好位。
その後ろにアヴニールセルタン、フリントシャー。



化物牝馬トレヴは中団の内で静かに・・・静かに脚を貯める。



結果論になるが、今回のレースはスローの前残り。
中団より前にいないと・・・勝負にならなかった。まあ、それも競馬。



フォルスストレートの後半からゴールドシップが仕掛ける。
しかし、他馬が止まって見えるようないつもの迫力がない。
というかこんなに外を回ったんでは・・・



凱旋門賞2014回顧ゴールドシップ.jpg



直線入り口では多少期待を抱かせたが・・・直線は全くいいところがなかった。
敗因はスローペースだろう。この展開ではゴールドシップは何も出来ない。
凱旋門賞は良いポジションに付けられないと勝てない、と実感。



ジャスタウェイはゴールドシップとは反対に内を突くのを選択。
間違って無かったと思う。
映像では細かいところは分からんが、前にスペースもあったと思う。
追い出してからの反応も良かった。



凱旋門賞2014回顧ジャスタウェイ.jpg



しかし・・・直線半ばで止まってしまった。
1800ベストの馬であるからして・・・やはり距離が敗因なのかもしれぬ。



ハープスターは内々を周回して直線は迷わず外へ。
阪神ジュヴェナイルの時のトラウマが川田には合ったと思う。この時は「外に出して負けたらしょうがないが」と言って松博に怒られた。しかし、ここは日本ではなく凱旋門賞の舞台。一か八かで内を突くべきだったんじゃないかな・・・と思う。今年の凱旋門賞もやっぱり内が伸びる馬場だった。内外の差がトレヴとの着差だったような気がしてならん。



凱旋門賞2014回顧ハープスター.jpg



ジャスタウェイのように内を突いて馬群を捌くことが出来ていれば・・・
トレヴを負かすことは出来なくても2〜3着の目はあったかもしれない。
川田「レースについて悔いはありません」



■凱旋門賞2014、騎手・調教師レース後のコメント
凱旋門賞2014レース後のコメント.jpg
須貝調教師のコメントいいなあ・・・「挑戦しなければ勝つことはないので、またいつか挑戦したいと思う」・・・是非また挑戦して欲しい。



素人の戯言だが、



今回の凱旋門賞はスローの前残り。内々でそつなく乗った馬が上位を独占しており、後ろからの馬には厳しい流れだったと思う(というか例年そうなんだけどね。去年のトレヴは例外だけど)。ルーラーオブザワールドあたりがガツンと行く流れならまた変わっただろうけど・・・。結果を見れば、今回の日本勢にはツキも実力も足りなかったのだと思う。



勝ちタイムは2:26.05。



勝ったトレヴは強かった。
今年の今までの敗戦はなんだったのだ?と思わせる勝ちっぷり。
内々で脚を溜めて徐々に前へ。直線も追い出すのを待つ余裕があったな。



凱旋門賞を勝つ為にはこの競馬をやる必要があるわけで、
そう考えるとやはり日本人騎手では足りない部分があるのかもしれない。



騎手の技量云々ではなく、
「ペース判断」「仕掛けどころ」「他騎手との兼ね合い」
等はどうしたって現地の騎手には敵うまい。
なにより、この大舞台では安全に乗るしかないもんなあ。
【凱旋門賞】現地紙は日本人騎手の騎乗を批判



そう考えると、オルフェーヴルのC.スミヨンへの乗り換えは正解だったのかもしれない。
(賛否両論あったが)



しかし・・・



それにしても・・・



無念なり・・・。



馬券で負けたのも悔しいが(→結構買い込んでた。笑)、
今回日本トップの3頭で挑んで全く歯が立たなかったのが、何より悔しい。



やはり、オルフェーヴルクラスの馬を作って挑戦せねばならんのだろうか?
いや、今回は前哨戦を使わなかったのも敗因の一つではあるまいか?
騎手もロンシャンを知るご当地ジョッキーを乗せた方がいいのではあるまいか?



すべては言い訳であるが、



悔しいなあ・・・



ちくしょう・・・


ちくしょうちくしょう.jpg



私事であるが、



凱旋門賞の発走前に最愛の妻が陣痛を発症
(すでに予定日を10日ほど過ぎていたのだ)



「びょ、病院に・・・(顔面蒼白)」



「ちょ、ちょ、ちょっと待って!あと5分で始まるけん」



「いた、いたたたたたっ!」



将来・・・



「あんた、私の陣痛始まった時に凱旋門賞見て馬の応援してたよね」



ということを言われかねない状況であったが(笑)、



今日、無事に元気な男の子が生まれた。



2014-10-06 04.42.44.jpg



この子が大きくなる頃には、



日本馬による凱旋門賞制覇は成っているであろうか?



今回は惨敗であったが、夢の続きを是非見せて欲しい。



そうであれば、



私はずっと競馬ファンでいることが出来る。



そう、思う。







今回は残念だったけど、来年も懲りずに買ってやるぜ!

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg




人気ブログランカーの凱旋門賞回顧は

オルフェーヴルバナー.gif




【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ





ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント
初コメントです!!!
いつも楽しく見させてもらっています!!!
お子さん誕生おめでとうございます!!!

凱旋門賞は日本馬にとっては厳しいレースでしたね。。。
ペースは速くなかったですし、内の馬場が良い状態だったので、外を回っては厳しかったですね。。
ちなみに私はトレブの単勝を勝っていたので、凱旋門賞に関しては馬券は的中しました!!!
JRA主催のレースははずれ続きだったんですけどね。。。。
Posted by お小遣い0円夫 at 2014年10月13日 20:03
浅次郎です。
トレヴに賭けてましたかー!すごいなあ・・・。
私は日本馬3頭に賭けてましたので当然の如くボコボコです(夢は見れました)。確かに日本馬向きの馬場・流れじゃなかったですけどね。まあ厳しい戦いなのは承知之助。来年の再チャレンジを楽しみにしときます。
Posted by asajiro at 2014年10月21日 12:14

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104261261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック