断トツ1番人気馬の勝率、連対率は?京都2歳S2014穴予想。 - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

断トツ1番人気馬の勝率、連対率は?京都2歳S2014穴予想。

【京都2歳S2014予想】



8頭立てか。人気はティルナノーグが抜けてますな。



しかし、この少頭数でティルナノーグに◎を打ち、
4点も5点に印を回してるヤツラが「競馬評論家」なんて言ってんだから・・・



アホ丸出し。



■京都2歳S2014のnetkeiba予想印
京都2歳S2014netkeibaの印.jpg



試しに、テレビにも良く出てる丹下日出夫の予想を見てみる。
ティルナノーグ頭の馬単表裏10点買いだ(三連単の買い目もあるが置いておく)。



7−1(10.5倍)、1−7(21.5倍)
7−2(7.8倍)、2−7(15.0倍)
7−3(4.2倍)、3−7(9.2倍)
7−5(11.1倍)、5−7(25.8倍)
7−6(14.7倍)、6−7(35.7倍)



予想の印は7番のティルナノーグに◎である。
高い確率で当たると思う。



だけんどもしかし!



この買い方ではティルナノーグが1着になっても・・・



チャラ!もしくはトリガミ!



なのだ。だって10点買いで10.5倍、7.8倍、4.2倍、11.1倍、14.7倍だぜ?
4.2倍(本線)が来たら大損。14.7倍が来てやっとプラスって感じだろ?



つまり、予想通り本命が1着になっても全く儲からない馬券。



馬券効率最悪。馬鹿丸出し。



ティルナノーグが2着のケースだとプラスになるが・・・
それでも良くて掛け金の2〜3倍である(アホくさ!)。
そもそも◎が2着でやっと儲かる馬券っておかしいやろ(最初から2着付けのみで勝負せいや)。



少頭数の上、ティルナノーグはダントツ人気なのだ。
ティルナノーグから買うなら絞りに絞らないと、
仮に予想通りになっても全然儲からんのだ・・・。



こういう馬券の買い方は確かに当たる。
当たって払い戻しがある。
そして次の馬券も買える。



だけんどもしかし!



一番人気の勝率はたかだか32.8%(連対率は51.4%)。



■人気別の勝率、連対率、複勝率、単回収率、複回収率
人気別勝率、連対率.jpg
(出典JRA-VANより



単勝1.5〜1.9倍のダントツ人気の場合でも勝率は47.9%(連対率67.6%)なのである。



■オッズ別の勝率、連対率、複勝率、単回収率、複回収率
オッズ別勝率、連対率.jpg



つまり、データ通りなら、丹下日出夫の予想は



47.9%(1着)の確率で「チャラorトリガミ」
19.7%(2着)の確率で「掛け金の2〜3倍」
33.4%(3着以下)の確率で「ハズレ」



なのである。アホ丸出しと言った理由が分かって貰えるだろうか。
19.7%のゾーンだけが「勝ち」だよ?他は良くてチャラ。



こういう買い方をしてる時点で・・・



勝てるわけがないのだ!



まあ、本人がこんなアホな馬券を買ってるはずもなく、



これは商売上の単なる予想。



予想家にとっては「当てること」が仕事だからね。
「馬券で儲けること」は仕事じゃないのだ。



しかし馬券効率を考えると、この中でまともなのは、



京都2歳S2014netkeibaの印.jpg



4番人気単勝勝負の棟広良隆(勝った時のリターンがデカイ)。
◎から2点の藤村和彦(←コレが正しい買い方)。



くらいやね。他は丹下日出夫と同類。
(ってかほとんどの予想家がそう)



というわけで、ダントツ人気の馬から多頭買いしてる予想家を見つけたら、
「アホ丸出しだな〜」と思っておこう。



人気馬から買うなら絞る。



これは鉄則である。



(良かったらこちらの記事も見てね→的中率より回収率が大事な話



さて、



前置きが長くなったが(笑)、



京都2歳S!



■京都2歳S2014枠順、印
京都2歳S2014枠順、印.jpg



京都芝2000(内回り)は、コーナー4回の小回りコース。ペース次第で差しも決まるが、基本的には先行有利のコースである。ティルナノーグの能力は認めるが、京都は最終週であいにくの稍重馬場。雨は上がるようだが、パンパンの良馬場ではない。まだキャリアが浅い2歳馬であり、オッズほどの信頼感はない。



ベルラップ(6番人気)
雑草のように叩かれて成長し、前走は評判馬のレトロロックを競り落として500万勝ち。中一週で重賞に駒を進めてきた。前走は展開に恵まれた感があるが、外枠から積極的に先行し折り合いもバッチリついた。このセンスの良さは京都2000で最大の武器になると思う。後は最後にどれだけの脚を使えるか。パワー兼備のハーツクライ産駒。接戦に持ち込めば勝負強さが生きる。



ダノンメジャー(2番人気)
この血統なら朝日杯に向かうかと思ってたが、クラシック路線の方へ行くのかな?しかしこの馬はまだ全然底が見えん。前走は最後方からの大外差し切りだもんなあ。相手も骨っぽいのが揃ってたし。そんで調教が抜群にいいわ・・・。



フローレスダンサー(4番人気)
母ダンスインザムードという超良血。アルテミスSでは最後方から上がり最速で追い込んだが、最後は脚が上がってしまった・・・しかし、牝馬の身でこのレースに出してきたってことは、マイルの距離は忙し過ぎるってことだろう。そして、500万じゃなく重賞ってことは・・・その能力があると陣営は見てるわけだ。調教がこれまた素晴らしいぞ・・・。



ティルナノーグ(1番人気)
押さえ



馬単 ◎流し 3点×200円



がんばれ!ベルラップ!



今年の香港も楽しみやね〜。

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



人気ブログランカーの予想をチェック

オルフェーヴルバナー.gif



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ















ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106071229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック