ステイゴールド急死にショック!後継種牡馬達に後を託す。 - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

ステイゴールド急死にショック!後継種牡馬達に後を託す。

【ステイゴールドを偲ぶ】



2015年2月5日、種牡馬ステイゴールドが急死。
ステイゴールドが急死



ステイゴールド急死.jpg



大好きな、大好きな馬だった。



私がオルフェーヴルやゴールドシップをPOGで選んだのは、
ステイゴールド産駒だから・・・というのが一番の理由なのだ。



決してスターホースと言われる馬じゃなかった。



国内のGT勝ちは一つもない。



でも、好きだった。



なんで好きだったか?



格下相手だろうが格上相手だろうが、



何度も何度も2〜3着を繰り返すところも愛らしかったし、



ステイゴールド戦績1.jpg
ステイゴールドの全戦績、血統はこちら
競走馬の全盛期と言える4〜5歳時に度々2〜3着を繰り返した。
(この後に目黒記念を勝って重賞初制覇。それまで最強の3勝馬だった。笑)



小さい体(420kg前後)で頑張る姿も好きだったし、



背中には熊沢ってのも好きだったし、
ステイゴールドの訃報、熊沢「何回も泣かされただけに思い入れが強い」



やんちゃな性格も大好きだった。
ステイゴールド急死に後藤騎手「思い出のレースは失格した京都大賞典」



なにより強豪揃いのGTで、



全くの人気薄で



度々好走する姿が大好きだった。



ステイゴールド天皇賞秋2着.jpg



※ステイゴールドのGT成績は【1.4.2.13】である。
着外13の内訳も4着4回、5着1回であるからして、20戦中12回は掲示板に載っていたのである。



なにしろ、



前哨戦で惨敗して、



本番のGTで2着!ってのがこの馬のパターンだったから、



いっつも人気薄だったのだ。



メジロブライトの天皇賞春(10番人気2着)、
サイレンススズカの宝塚記念(9番人気2着)、
スペシャルウィークの天皇賞秋(12番人気2着)



と度々馬券でお世話になった。
(ちなみにこの時代、3連系の馬券は無かった。あればもっと美味しかったのだが)



最後のGT挑戦で、



香港ヴァーズを勝った時は嬉しかったなあ・・・







今見ても、涙が出る・・・。



ラスト100mは獲物に襲いかかる獣のよう。



最後、よくぞ交わしたよ・・・。



サンデーサイレンス系種牡馬が乱立する中、



もしこのレースに勝ってなかったら、



種牡馬になれなかったかもしれない。



もしなれたとしても、



お嫁さん集まらなかったかもしれん。



だから、この香港ヴァーズを勝った時は、



「これで種牡馬になれる!」と思ったものだ。



その後、種牡馬としてのサクセスストーリーはご存知の通り。



ステイゴールド種牡馬成績.jpg
ステイゴールド種牡馬成績



同世代のスターホースに良血牝馬が集まる中、



ステイゴールドには中途半端な(失礼)肌馬しか集まらない中、



体は小さくても丈夫で長持ちする産駒を次々と排出。



初年度産駒からはコスモプラチナソリッドプラチナムエムエスワールドといった重賞勝ち馬が出現。



2年目産駒からもサンライズマックスアルコセニョーラといった活躍馬を出すのだが・・・



これだけで終わってたらステイゴールドが厳しい種牡馬の世界で生き残ることは難しかったろう。なぜなら、種牡馬界は最初の1〜2年が勝負なのであり、ここで結果を出せないとあっという間に干されてしまうからだ。結果というのはGV勝ちといった地味なものではなく、言うまでもなく、GT勝利である(出来れば2歳戦やクラシックが望ましい)。



ステイゴールドは終わらなかった。



2年目産駒の中からGT3勝馬のドリームジャーニーが出現したからだ。



ドリームジャーニー.jpg



今でこそドリームジャーニーの母オリエンタルアートは歴史的な繁殖牝馬と言われているが、
当時はその地味な血統から偶発的にGT馬が出現したと思われていたのである。
なにしろ母父はメジロマックイーン。
種牡馬としては全く成功しなかったアイドルホースとの組み合わせだった。



このドリームジャーニーが居なければ、



ステイゴールドは早々に種牡馬を引退していたかもしれぬ。
オルフェーヴルも生まれてなかったかもしれぬ。



その後、自身の競争生活とは打って変わり、
大舞台に強い・・・しかも複数GTを勝つようなスターホースを毎年のように排出した。



ナカヤマフェスタ(宝塚記念、凱旋門賞2着)
オルフェーヴル(三冠、有馬記念2回、宝塚記念、凱旋門賞2着2回)
フェノーメノ(天皇賞春2回)
ゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念2回)
レッドリヴェール(阪神牝馬S)




しかも、ステイゴールドの成績は、良血牝馬を集めての成績ではなく、
そのほとんどが内国産の中途半端な成績の(失礼)お嫁さんなのである。
(サンデー系良血牝馬とは交配出来ない。ディープインパクト等は海外から良血牝馬を集めている)



良血子女を野武士のようなステイゴールド産駒がぶちぬいて行く!



ゴールドシップ宝塚記念.jpg



これがまた・・・ステイゴールドファンにはたまらんのだ。



そして、ステイゴールドの種付け料は急激に上がっていった。
ステイゴールドの種付け料は800万円
【ブリーダーズスタリオンステーション】の2014年度ラインアップと種付料が発表!



今や、大物はディープインパクト産駒かステイゴールド産駒。



良血が集まるこれからが勝負!



と思っていた矢先の・・・早過ぎる死。



せめて後5年は・・・頑張って欲しかったなあ。
(関係者の落胆は想像を絶するだろうなあ)



・・・



しかし競走馬とは不思議なもんですな。



サンデーサイレンスはディープインパクトと入れ替わるようにこの世を去ったが、
ステイゴールドもまた、オルフェーヴルと入れ替わるようにこの世を去った。



幸せなる哉ステイゴールドには後継種牡馬が大勢いる。



大将格のオルフェーヴルを筆頭に、全兄のドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ。
現役だがゴールドシップ・フェノーメノも種牡馬入り確実。
父の死で彼らの種牡馬価値はさらに高まるわけだ。



これだけ後継に恵まれた種牡馬は少なく、
近年で可能性があるのはキングカメハメハとディープインパクトくらいだろう。
(ディープインパクトとて複数GTを勝ってる牡馬産駒は今のところいない)



アッシュゴールド種牡馬になれるか.jpg
今後の成績如何であるが・・・アッシュゴールドにも種牡馬入りの可能性がある。
(兄達の産駒が走ればさらに高まる)



そう考えると、



ステイゴールドは我が子孫のタメに逝ったのかもしれん。



これは単なる憶測だが、
今年・来年・再来年・・・とステイゴールドを種付けする予定だった良血牝馬は、
彼の後継種牡馬達に回る可能性が高いのではないだろうか。



自分が居ては息子たちの邪魔になると思ったのではなかろうか。
自らの限界を感じ、自ら命の輪廻を断ったのではないだろうか。



ステイゴールドの死があまりにもショックなので、



そう・・・無理矢理思い込むことにする。



ステイゴールド1.jpg
ステイゴールド「自分の気に入らないことをするヤツは決して許さん!」



ステイゴールド4.jpg
ステイゴールド「馬房の前を通ると怒るで!」



ステイゴールド2.jpg
ステイゴールド「でも、アサクサデンエンだけは許す」



ステイゴールド3.jpg
ステイゴールド評「ステイゴールドは馬ではなく猛獣だ」



・・・



さらばステイゴールド。



最近お前の子供たちは人気になりやすいから
馬券はとっても買いにくいけど、
これからもずっとお前の息子達を応援するからな。



またな!




海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



ステイゴールドの死でアッシュゴールド人気になるかな?

オルフェーヴルバナー.gif



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ







ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113281646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック