有馬記念回顧2012。ゴールドシップかわいいやつめ!【浅次郎のどんぶり競馬予想】 - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

有馬記念回顧2012。ゴールドシップかわいいやつめ!【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【有馬記念回顧2012】ゴールドシップが大外まくりで15頭ゴボウ抜き!


祝!ゴールドシップ有馬記念制覇!


ゴールドシップ有馬記念優勝.jpg
ゴールドシップって顔がかわいいよね。今日はベロ出してなかったか。



戯れに見えた!

死闘には見えなかった!



はじめに言っておくが、ゴールドシップは当ブログ管理人のPOG指名馬である。
つまり、デビュー前からこの馬に注目していた数少ないファンの一人だと思う。


そこらへんの俄かファンではない。


早速、有馬記念を振り返ってみよう。





まず・・・


ルーラーシップ大出遅れ!


ついでに・・・


ゴールドシップも出遅れ!


まあ、この両頭のスタートが悪いのはみんな分かってと思うが、ここまで出遅れちゃうとはなあ。


◎ゴールドシップ、○ルーラーシップの浅次郎としては・・・


ビックリ8.jpg


こんな心境だった(笑)。


だが、


だがしかし!


ルーラーシップの大出遅れは想定外だけどもしかし、


ゴールドシップが最後方からになるのは想定内!


相変わらず、スタート後は押しても押しても動かぬゴールドシップ(ズブイ!)。
ウチパクも肝を据えて最後方待機からの競馬となった。


ゴールドシップ有馬記念1000m通過.jpg


1000m通過は1:00.5。有馬記念のペースとしては流れてる方だろう。


そういえば、ゴールドシップのスレに「ペースに恵まれて勝った」なんて書いてるドアホがいたが、
(ペースが速かったから差し有利になった、ということが言いたいらしいが)


有馬記念の舞台、中山2500がどれだけ前有利かワカットルかね?

超一流馬が集うG1レースで流れが厳しくなるのは当たり前だろ?

マイラーでも勝てるようなドスローのヨーイドンが見たいのかね?


だいたい、


スローペースだから前有利とか、
ハイペースだから差し有利とか


言ってる時点で競馬のことが全く分かってないおバカさん。


アーネストリーにしても、ビートブラックにしても、
スローに落としての瞬発力勝負じゃ敵わないのは分かってるわけ。


できるだけ、上がりがかかる消耗戦にしたかったわけだ。
だからハイペースで後ろにも脚を使わせるペースで行った。何も間違っちゃいない。


エイシンフラッシュなんて「スローが得意な差し馬」だからね。


色んな馬がいるのさ。


そして、強い馬はペースに関係なく勝つ。


が、どちらかと言うと、ペースは厳しい方が実力差が出やすい。
スピードだけではなく総合的な能力が問われるからだ。


去年の有馬記念が典型的で、超スローの流れを最後方から差し切ったオルフェーヴルだが、
着差はわずかだった・・・。


ま、いいや。回顧を続けよう。



ゴールドシップ有馬記念1600m通過.jpg


で、スタートして1600mを過ぎた辺りで、まだ最後方のウチパクの手が動く!


まだ残りは800m以上!


3コーナー手前からの超ロングスパート!


いやいや!


知ってるけどさ!


ゴールドシップのスタミナとんでもないのは知ってるんだけどさ!


やっぱり早過ぎじゃね?


大外回して大丈夫?


最後の直線か?と疑うようなアクションで手綱をしごくウチパク。


それに応えてゴイゴイとポジションを上げて行き・・・4コーナーへ!


ゴールドシップ有馬記念4コーナー残り400m.jpg


残り400!


後ほど、ゲスト解説の岡部幸雄調教師が言われてたのだが・・・


ゴールドシップはここで一旦息を入れてるらしい。


ま、まじか?


そんなことできんの?


一段ロケットで加速をつけて・・・一旦ギアをストップ。


確かに、直線入り口では、モタモタしたカンジに見えた・・・
まだ、前までは6〜7馬身はあったろう。


「と、止まってしまったのか?」


と、思った方も多かろう。


で、短い中山の直線!


先に抜け出したのは内のエイシンフラッシュ!


ああ、またエイシンフラッシュやん!


と一瞬思った方も多かろう。




三浦皇成.jpg
三浦皇成「勝った!と思いました。う、浮気はしてませんよ」(笑)




しかし・・・


内からエイシンフラッシュを交わして抜け出したのは伏兵オーシャンブルー!




クリストフ・ルメール.jpg
ルメール「カッタトオモッタラ、ソトカラスゲエウマガトンデキマシタ〜」




そう、残り200mを過ぎてからぶっ飛んできたのは・・・



ゴールドシップ!



何回ギアチェンジしたのか知らんが、多分ニトロエンジンでも積んでるのだろう。
それか奥歯に「加速装置」スイッチでもあるのかもしれん。


ものすげえ伸び脚でゴールドシップがオーシャンブルーを差し切り・・・


一馬身半差を付けたところがゴール!


ゴールドシップ有馬記念ゴール!.jpg



着差以上の圧勝!



珍しく、ゴール入線と同時に派手なガッツポーズのウチパク!


よっぽど嬉しかったんだろうなあ。


ルーラーシップも外から伸びてはいるが・・・完敗の形で3着まで。


「出遅れなければ」という議論は無駄だからする必要はない。
もちろん致命的だったのは確かだが、ゲートも含めて競馬だからね。


それと、個人的には今回のルーラーシップは能力を出し切ったように見えた。
どれだけ追ってもゴールドシップには届かなかったと思うし、あっても2着までだったかと。


戯れに見えた。


のは、浅次郎だけじゃあるまい。


それほどの圧勝劇。


まだ、どこまでも伸びそうなゴール後だった。



2着入線のオーシャンブルー。馬場のいい内の馬群からスパッと伸びた!
穴で狙ってたが、まさかここまで強い競馬をするとはね。
エイシンフラッシュを交わし、ルーラーシップを抑えたのだから強いの一言!


この馬もステイゴールド産駒。
これでステゴ産駒は今年春天以外の中長距離G1で連対(牝馬戦除く)。


皐月賞(ゴールドシップ1着)
ダービー(フェノーメノ2着)
宝塚記念(オルフェーヴル1着)
菊花賞(ゴールドシップ1着)
秋天(フェノーメノ2着)
JC(オルフェーヴル2着)
有馬記念(ゴールドシップ1着、オーシャンブルー2着)


いや、スゴイね。


いい肌馬はことごとくディープインパクトに取られてるだろうにね。


昨日はオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユも勝ちあがったし、
来年は間違いなくステイゴールドの年になるでしょ。


馬券的には、チンマリと買ってた三連複が当たり。
配当安かったけど、全然OK。


しかし、ゴールドシップは非社台の生産馬で、非社台の個人馬主。


陣営の喜びも、馬産地の喜びもひとしおだろうなあ・・・。


とりあえず、ゴールドシップよ。お疲れ様ー!


来年は国内に専念するとのことだけど、
出来ることなら、オルフェーヴルとの黄金配合対決を見たいぞ!次走は阪神大賞典かな?


でも、ま、ゆっくり休んでね。





【一発逆転GOLD】買い目配信サービスの「一発逆転GOLD」の有馬記念予想は・・・
「15・13・02・09・06」の馬連ボックスで、馬連・枠連は当たり。お見事。



明日も競馬!阪神カップの穴馬は?

オルフェーヴルバナー.gif



弱小競馬ブロガーは、必ず見た方がいい。

海外馬券アフィリバナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ






ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60987712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック