馬券代をネットビジネスで稼ぐ話。競馬にお金を突っ込む前に聞いて欲しい(笑) - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

馬券代をネットビジネスで稼ぐ話。競馬にお金を突っ込む前に聞いて欲しい(笑)

馬券代をネットで稼ぐ話。大事なお金をJRAにくれてやる必要はねーぞ!


ども、浅次郎です。


今回は競馬の話は無しで、ネットでお金を稼ぐ話。


ま、ちょっとでも興味ある人は、
ドイツのカッコいい民族音楽でも聴きながらどーぞ。



マジでカッコいい。


私、浅次郎は競馬歴20年。
学生時代から一週も休まず馬券を買って来たから、かなり負けてきたことだと思う(笑)。


で、感じたこと・・・というか絶対的な事実。


馬券で勝つことは限りなく難しい。


どのくらい難しいかというと、


江頭2:50がゴールデンで看板番組を持つくらい難しい(笑)。


江頭2:50-2.jpg


まあ、大穴が当たって10万円とか、


一点買いして5万円勝ったとか


一時的に儲かることはあっても、1年トータルで勝つことは難しい。


よしんば、絶好調の一年があったとしても5年トータルで勝つことは難しい。
10年トータルで勝ち・・・なんて人は名人だと思う。


それは、競馬予想を仕事としている人達だってそうなのだから、
私達素人が、片手間でやって勝てるわけがないのだ・・・。


予想はするもんじゃなく売るもんだ・・・と、誰かが言ったそうな。


それほどに・・・JRAの控除率25%は絶望的。


JRAのCM.jpg
「最後に勝つのがJRAだ」の間違いだろ(笑)。


この控除率じゃ・・・どれだけ勝ってもあっという間に飲み込まれて行く。
競馬で勝つのは、不可能だと思う。せめて海外競馬並の控除率なら・・・と思うけどね。


もし、未だに「競馬は勝てる!」と信じてる人がいたなら、
もう一度、今までいくら負けてきたのか考えて見て欲しい。


私の場合、軽く200〜300万円は負けてると思う(もっとかな)。


・・・


・・・


だけんどもしかし。


競馬は面白い。


それだけは、私も胸を張って言える。


例えどんなに負けてようと、競馬に出会って良かったと思う。


2012年の凱旋門賞では、金切り声を上げて応援した。


オルフェーヴル凱旋門賞結果2着画像.jpg


見てるだけでも面白いが、馬券を買うと10倍面白い。
(オルフェーヴルの単勝持ってた。笑)


というわけで、


馬券代は・・・

ネットで稼いでしまえ!


というのが、今回の話。


前置き長っ!(笑)


ん?


どーせ胡散臭い話でしょ?


面倒だからやんない。俺は楽して儲けたいの!


って方は、そのまま絶望的にJRAと戦い続けてちょーだい。
0.1%位の確率で、勝ち組になれるかもしれない。


出来れば、その場合お金の事は考えない方がいい。
負けて元々!といったカンジで競馬と付き合おう。


これが、競馬を永く続けるコツだ。


江頭2:50-6.jpg


なんせ、競馬で勝ち続けるのは、
江頭2:50が「笑っていいとも」のレギュラーになるくらい可能性が低い(笑)。



さて、


今回、私が紹介するのは「アフィリエイト」という方法。
知ってる人もいると思うが、簡単に言えばネット上の広告代理店。


商品やサービスを紹介して、販売元からマージンを受け取る方法だ。
このアフィリエイトというビジネス、


・コストが掛からない(最初は無料ブログでOK)
・リスクがない(失敗しても何も失わない)
・可能性は無限大(脱サラして独立することも可能)


という・・・個人で副業をするにはうってつけの現代型ネットビジネス。
深夜のコンビニバイトは意外と時給いいよね〜なんて言ってる場合じゃないのだ!


ちなみに、私浅次郎は会社員ではなく、
ネットビジネス全般で家族5人の生計を立ててる個人事業主。


月の収入は70〜130万円くらい(税引前)。


・・・をもう2年くらい続けている。


もちろん頑張ってはいるが、一般のサラリーマンとは全く違う生態系だ(笑)。
その仕事内容は・・・ブログを書いたり、メルマガ書いたり。
何時に起きてもいいし、昼寝をしてもいいし、
仕事の途中で「キングダム」を読み耽っても誰にも怒られない。


キングダム.jpg


ここまで来るのは大変だったけど・・・
サラリーマンの時の苦労を思えば屁でもないぜ!


やった者がやった分だけ収入を手に入れられる、
そんな世界がネットビジネス界なのだ。


鴨川会長の名言.jpg
そんなにシビアな世界じゃないぜ鴨川会長!
努力が99%報われるのがネットビジネスのいい所。続ければ必ず成果が出る!



今日紹介するのは、アフィリエイトの中でも初歩。
初心者がまず取り組んで欲しい「物販アフィリエイト」と呼ばれる方法だ。


例えば、


競馬が好きだったら、


「ディープインパクト」に関しては誰にも負けん!とか
「オルフェーヴル」の大ファン!とか


好きな馬の一頭や二頭いると思う。


では、これらの関連商品がどのくらいあるだろう?


書籍・DVD・ぬいぐるみ・タオル・帽子・フィギュア・ゲーム・トレカ・・・


ウイニングポスト.jpg
ゲーム系は定番商品。やり方次第でかなり売れる。


こんなのを紹介してマージンを取るのが物販アフィリエイト。
別にディープインパクトじゃなくってもいい。


世の中にはゴマンと競馬ファンがいて、それぞれに好きな馬がいるわけ。
G1馬だけでも相当な数の馬がいるだろう。


例えば、ゴールドシップのブログを一つ作って・・・
関連の商品をどんどん紹介して行く。


次は、ジェンティルドンナのブログを作って・・・
関連の商品をどんどん紹介して行く。


ブログに来て貰った人が、商品を購入すればそのマージンが貰える!ってわけ。
(クッキー効果があるので他の商品を買ってもらってもOK)


別に競馬関係じゃなくてもOK。
ゲームだっていいし、アニメ系だっていいし、食いもんだって、ファッションだっていい。
とにかくネットで売ってるものは何だって紹介出来る。


私のブログでも時々ゲームの紹介をしたり・・・
サイドバーでは「書籍」を紹介したりしてる。


で、この稼ぎがどのくらいかというと・・・


楽天5月実績.jpg


2013年5月の実績がコレ。右下の数字がトータルの金額。37,519円。
実際はキャンセルとかが出てもう少し減っちゃうけど、だいたい毎月このくらい。
(あと、yahooとamazonとa8ネットの収入もあって物販アフィリはトータル月6〜7万くらい)


まあ、ほとんどが作ったあと、放ったらかし。


要は、このくらいの収入だったら、


マニュアルに沿ってブログを作って、
たくさん紹介記事を書いて、
ネット上にどんどん置いていけば・・・


勝手にお金が転がり込んでくる!っていうこと。


もちろん、ラクに出来るもんじゃない。
最初は相応の努力が必要。


でも、やり方次第、心がけ次第で、決して「きつく」はないし、楽しんでやれる。
なんてったってお金を稼ぐ為だもんね。
徐々に報酬が増えて行くと・・・


ゲームやってるみたいで楽しいぞ〜。


そんで、


アフィリエイトには金銭的なリスクはほとんど無い。
仮にダメだったとしても、お金が無くなるわけじゃない。


そのくせ、成功した時の見返りはハンパない。


毎月、副収入としてプラスの収入があると・・・生活もめっちゃ楽になるよな。


そしてそして・・・


馬券代もここから出せばいい!

(これが一番言いたかった。笑)


競馬なんてのは、小遣い切り詰めてやるもんじゃねえ!
余ったお金で余裕を持ってやるべきだ。


三井は言った。


なぜ俺はあんな無駄な時間を・・・.jpg


なぜ俺はあんな無駄な時間を・・・


ネットサーフィンしてる時間。
無駄にテレビ見てる時間。
ゲームやってる時間。


確かに楽しいが、


一円だって産み出さない。


無駄な時間を過ごしてる限り、いつまでたっても消費する側。


今やっとかないと、後から絶対後悔する。


一日1時間作れれば人生変わる。


それがネットビジネスの醍醐味。


月に20〜30万くらいなら根性次第で誰だって可能なんである。
馬券代どころじゃねえぞ。
今の仕事を辞めることだって可能なのだ!


※ただし、最低でも半年程度は頑張る根性が必要。
たった半年!と思うか、半年も・・・と思うかはあなた次第。


江頭2:50-4.jpg
ゴールデンは無理でも、江頭2:50には誰にも負けない芸人根性がある。



今日で搾取される人生は終わり。人はもっと自由に生きて行ける。



人生を変えたい人は、話の続きを。

lurea.jpg




【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ



ポチッと宜しくー♪

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
応援クリック待ってるぜ♪

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64467610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック