馬と過ごせる高校 - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

馬と過ごす3年間。ユニークな通信制高校の紹介です。(平成23年度10月生、平成24年度生)



馬と過ごし、乗馬を楽しみながら、高校を卒業できる!


1クラス10人以下の少人数制の高校。
馬と過ごせる通学制・全寮制の通信制学習スタイルを用いたユニークな高校【東関東馬事高等学院】です。


大自然の中で、動物とふれあい、馬と過ごし、乗馬の腕を磨き、通信スタイルで勉強をしながら、高等学校卒業資格を取得することが出来ます。


勉強は苦手だけど、動物大好き・馬大好きという中学3年生。
将来は競馬業界で働きたい!という夢のお持ちの中学3年生。
高校中退してしまったけど、高卒資格が欲しい方。
今の高校がなじめない、理不尽ないじめにあっている、という方。
現在、登校拒否・不登校でお困りの方。


この学校は1クラス10人の超少人数制。個別方式で学習を行いますので、勉強が苦手な方でも大丈夫。留年もありませんし、中間試験や期末試験なんかもありません。とてもオープンでフレンドリーな環境だから、学年や男女の枠を超えて友達を作れますよ。本格的にプロを目指す専門分野のみならず、動物とのアニマルセラピーや、馬とのふれあい、ホースセラピー効果を用いての情操学習を取り入れ、大自然と動物にふれあいながら3年間を過ごします。この高校での3年間は、普通の高校では決して得られない「自信」と「逞しさ」を与えてくれるでしょう。



一流の高校・一流の大学に行っても就職が難しい就職氷河期。もちろんこの高校を卒業後、大学・専門学校・短大等への進学や一般企業への就職も可能ですが、この3年間で身に付けた馬の知識や乗馬の技術を生かして、馬関連の仕事に就けるようになる事。これが最大のメリットです。どうせなら「JRAの厩務員」や「育成牧場への就職」を目指してはいかがでしょうか。



<出願資格>
■新規入学対象
・中学卒業見込みの現在中学3年生
・以前に中学校を卒業し高校に籍を置いたことがない人
■再入学編入学
・以前どこかの高校に籍を置き、今は在籍していない人
■転校・ 転入学
・今現在、どこかの高校に籍を置き、高校転校希望の人
※上記とも、原則として、本校入学時点で20歳以下の者
※入学は10月、4月。転入学の方は随時対応可


<入学試験>
ありません。但し、入学を希望される方に対しては、事前に「学校見学・入学説明」に参加して頂く必要があります。それは、生徒の学力を計るものではなく、あくまでその生徒に対して本校が、最適な学習環境であるかどうかを判断するものであり、不合格にするための目的ではありません。※但し、本校入学に対して明らかにその生徒が適合しない…と判断した場合は、入学を許可できない場合があります。

中学時代に不登校だった生徒も問題ありません。中学校時の学力成績や出席日数も関係ありません。それよりも、これから本人がどうしたいか!!、保護者がどのようにお考えなのか!?また、それに対して本校がどの程度対応可能可能なのかを総合的に判断し、入学許可を決定致します。


<卒業後の進路>
進学(大学・短大・専門学校)、一般就職、大学進学(馬術部推薦制度)、JRA競馬学校「騎手課程」、地方競馬教養センター「騎手課程」、競走馬厩務員、乗馬クラブ就職、乗馬インストラクター、育成牧場調教スタッフ、生産牧場管理スタッフ、等



人にはそれぞれ向き、不向きがあり、幼稚園入学時から始まる過剰な学歴競争社会は、一人の人間を大きく捻じ曲げてしまうことがあります。そのストレスは、他人や自分や親に向かい、いじめになったり、引きこもりになったり、家庭内暴力になったり、自傷行為になったりするのです。


道は一つではありません。人生の目的は、一流高校に入ることでも、一流大学に行くことでも、一流会社に就職することでもありません。それらが人生の全てのように教育することは、決して子供の為にならないと思います。



一つの道が塞がった時に、この学校が、もう一つの道標になりますように。



【東関東馬事高等学院】








にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★にほんブログ村ランキング上位の予想は?


【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ