ブリーダーズカップ - 浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜



■浅次郎のどんぶり競馬2!

日々の競馬予想、競馬コラムはこちら!→「浅次郎のどんぶり競馬2」

ブリーダーズカップ2014オッズ、馬券購入する方は慎重に!

【ブリーダーズカップ2014オッズ】



今週は米ブリーダーズカップウィークである。
10月31日、11月1日の2日間で13個のGTが行われる・・・アメリカ競馬界のお祭りDAYだ!



■ブリーダーズカップ2014

ブリーダーズカップ2014.jpg
詳しくご覧になりたい方はこちらからどうぞ→ウィリアムヒル「ブリーダーズカップ」



・・・が、残念ながら日本馬の出走はない。



最近、アメリカの競馬ってなんだか影が薄いような気がするなあ。
いくらダートが主流と言っても・・・芝のレースもあるわけで、
ジャパンカップに来てくれないのは昔からだけど、
凱旋門賞や欧州の大レースにもアメリカ産馬は見ないような気がする。



最近はアメリカからの輸入馬も少ないような気がするよなあ〜。



もっと交流出来れば面白くなると思うんだけどなあ。



ブリーダーズカップクラシックのオッズを見てみる。



■ブリーダーズカップクラシック2014オッズ
ブリーダーズカップクラシック2014オッズ.jpg



うーむ。



ダートは全然全く一頭たりとも分からんわ(笑)。



芝路線ならわかるか?



ブリーダーズカップターフ2014(芝2400m)を見てみる。



■ブリーダーズカップターフ2014オッズ
ブリーダーズカップターフ2014オッズ.jpg



おお。フリントシャーは先日の凱旋門賞で2着だった馬ですな。
テレスコープはキングジョージで2着だった馬だが・・・GT勝ちはない馬やな。
マジシャンは去年のBCターフ勝ち馬。うーん。買うならこの馬かなあ。



しかし、他の馬はアメリカの馬?



ほとんど聞いたことないわ・・・



海外競馬でもね、分からん馬券は買ったらいかんぜよ。
(馬券を購入される方は慎重にね)



というわけで、今年のブリーダーズカップはパス。



しかし、日本は凱旋門賞にこだわり過ぎじゃないかな〜。
ブリーダーズカップを目指す馬がいてもいいと思うんだけど。
(このメンバーなら日本の馬でも勝ち負け出来るんじゃね?)



ま、いいや。



メルボルンカップのアドマイヤラクティを応援しようっと(笑)。

アドマイヤラクティ_コーフィールドC.jpg
アドマイヤラクティ、豪GTコーフィールドCを快勝!続けてメルボルンカップへ!



海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ


ブリーダーズカップ2013予想・オッズ。馬券購入方法。

【ブリーダーズカップ2013オッズ】


2013年11月1日、2日はアメリカ競馬の祭典ブリーダーズカップが行われる。
今年は日本馬の参戦がなく寂しい限りだが、世界最高峰のレースが行われのは間違いなし。


この両日にG1が13レースも組まれてて、
何がなんだか分からんので整理しておく。


馬券購入を考えてる方は参考にされたし。



■11月1日開催

ブリーダーズカップ2013一日目.jpg



第6競争 ブリーダーズカップ・マラソン(G2) ダート2800m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013マラソン.jpg



第7競争 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズターフ(G1)芝1600m 2歳牝馬
ブリーダーズカップ2013ジュヴェナイルフィリーズターフ.jpg



第8競争 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(G1)ダート1700m 2歳牝馬
ブリーダーズカップ2013ジュヴェナイルフィリーズ.jpg



第9競争 ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(G1)芝2000m 3歳以上牝馬
ブリーダーズカップ2013フィリー&メアターフ.jpg



第10競争 ブリーダーズカップ・ディスタフ(G1)ダート1800m 3歳以上牝馬
ブリーダーズカップ2013ディスタフ.jpg





■11月2日開催

ブリーダーズカップ2013二日目.jpg



第4競走 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(G1)芝1600m 2歳牡馬
ブリーダーズカップ2013ジュヴェナイルターフ.jpg



第5競走 ブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(G1)ダート1400m 3歳以上牝馬
ブリーダーズカップ2013フィリー&メアスプリント.jpg



第6競走 ブリーダーズカップ・ダートマイル(G1)ダート1600m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013ダートマイル.jpg



第7競走 ブリーダーズカップ・ターフスプリント(G1)芝1300m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013ターフスプリント.jpg



第8競走 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(G1)ダート1700m 2歳牡馬
ブリーダーズカップ2013ジュヴェナイル.jpg



第9競走 ブリーダーズカップ・ターフ(G1)芝2400m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013ターフ.jpg
ザフューグ(The Fugue)が一番人気。G1連勝中の4歳牝馬。それより・・・2番人気のポイントオブエントリー(Point Of Entry)が強いと思うけどなあ。昨年のBCターフ2着馬。この2着を間に挟んでG1を5勝してる馬。この馬が5倍つくなら美味しいと思う。しかし、ジェンティルドンナはこのレースなら勝ち負け出来そうだけどなあ。



第10競走 ブリーダーズカップ・スプリント(G1)ダート1200m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013スプリント.jpg



第11競走 ブリーダーズカップ・マイル(G1)芝1600m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013マイル.jpg



第12競走 ブリーダーズカップ・クラシック(G1)ダート2000m 3歳以上
ブリーダーズカップ2013クラシック.jpg
一番人気は一昨年2着。昨年7着のゲームオンデュード(Game On Dude)。G1は6勝、今年は負けなしの4連勝中であり、サンタアニタは7戦6勝と相性もいい。堂々の主役。ちょっと逆らえん。が、逆に考えたらこの馬の単勝3.5倍は美味しいか?



※日程の変更や出走馬の変更があるかもしれん。あしからず。



ブリーダーズカップ・クラシックの総賞金は500万ドル(1着は300万ドル)。
日本のダート馬も最終的にはココを目指して欲しいもんだがなあ。


だいたい日本のダートの一流馬は、
ジャパンカップダート(招待馬が来ないから来年は名前が変わるみたいね)目指すもんなあ。


しかし疑問なのは・・・日本のダート馬は果たして弱いのだろうか・・・。
全盛期のヴァーミリアンとかトランセンドとかエスポワールシチーとか相当強いと思うんだけどなあ。
ジャパンカップダートを勝ってブリーダーズカップ!ってカンジにならんもんかな。





というわけで、


BCターフのポイントオブエントリーの馬券が面白そうなので購入!


ブリーダーズカップ2013馬券購入2.jpg


単複に20ドルずつ。勝てば136ドルの払い戻し。3着以内なら36ドルの払い戻し。


3着は外さん!と思けどなあ!




海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg




【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ




BCターフ回顧2012。トレイルブレイザー大舞台で4着に散る。【浅次郎のどんぶり競馬予想】

【BCターフ回顧2012】


トレイルブレイザー、BCターフ4着に散る・・・。


BC制覇という夢を背負って、果敢に挑戦したトレイルブレイザー。
健闘虚しく優勝馬リトルマイクから2馬身差の4着に敗れた。





1着 リトルマイク
2着 ポイントオブエントリー
3着 セントニコラスアビー
4着 トレイルブレイザー


トレイルブレイザーbcターフ3.jpg


出走前日、裂傷を負うというアクシデントに見舞われたトレイルブレイザー。
幸い2cmほどの浅い裂傷で大事には至らず、そのまま出走となったが・・・
前日は馬場入りが行われなかったというから多少の影響はあったろう。


レースを見ると、


好スタートから絶好の4〜5番手を追走。この辺は折り合いもバッチリついて理想的な展開。
ただ、マイル通過が1:35.28で、勝ちタイム2:22.83だから・・・緩みが全くない、
かなり厳しい流れだったのかもしれない。


4コーナー付近から仕掛けて行く武豊。その手応えから・・・


「こりゃ勝った!」


って思った方もたくさんいただろう。
一時、3番手から抜け出したリトルマイクに並びかけるも・・・そこから伸びない。


逆に突き放され・・・


インを急襲したポイントオブエントリーと
外から差して来たセントニコラスアビーにも捕まってしまった。


「力負け」でしょうな。


勝ったリトルマイクに馬体を併せる事さえ出来なかった。
もし裂傷の影響が無ければもしかしたら?って思わんでもないが負けは負け。


トレイルブレイザーbcターフ2.jpg


でも、こういう見方も出来る。


伏兵扱いだったリトルマイクはアーリントンミリオンの勝ち馬。
ポイントオブエントリーは米芝界のチャンピオンホース。
セントニコラスアビーは昨年のBCターフ勝ち馬で欧州の一流馬。


日本国内G1馬ではないトレイルブレイザーでも、世界の一流馬と伍して闘えたのだ!


凱旋門賞よりも、こっちの方が近いような気がするぞ。
特に今年の3歳勢は粒揃い。


ゴールドシップ、フェノーメノ、カレンブラックヒル辺りは
BCターフ、BCマイルあたりに参戦してもいい勝負になるんじゃないの?


まあ、トレイルブレイザーに賭けた単勝はハズレちゃったけど、悔いはなし。
トレイルブレイザーの単勝買ったぜ!


トレイルブレイザーbcターフ.jpg


今回の挑戦は、日本馬に新たな道を示したと思う。
トレイルブレイザーと関係者の皆様、お疲れ様でした。


ちなみに・・・勝ち馬のリトルマイクは超強い競馬をしたけど、JCに来る可能性があるんだってよ。
いやー是非来てくれないかなー。盛り上がるぞー。



ブリーダーズカップを回顧してるブロガーを探そう。

オルフェーヴルバナー.gif



海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ








BCターフの馬券購入しました!トレイルブレイザーの単勝!(ウィリアムヒル)

【BCターフの馬券の買い方】


いよいよ今週日曜日(11月3日)に迫ったブリーダーズカップ!

そのBCターフに出走するトレイルブレイザーだが、

順調に最終追い切りも終え(2馬身を追いかけて5馬身先着)、臨戦態勢に入った!

ブリーダーズカップ関連記事はこちら!



ってワケで、




トレイルブレイザーの単勝買ったぜ!



ウィリアムヒル馬券購入BCターフ.jpg
購入画面。クリックして数字を入力するだけ。
@+550は日本流で言えば「6.5倍」。EachWayは日本流で言えば「単複」。


↓↓↓↓↓↓↓↓


ウィリアムヒル馬券購入BCターフ2.jpg
購入受付完了画面。


↓↓↓↓↓↓↓↓


ウィリアムヒル馬券購入BCターフ3.jpg
ベットした馬券は「Open Bets」でいつでも確認出来る。
「Single To Win」は単勝。「Stake」が掛け金。「Potential Returns」が的中した場合の配当金。
※ブックメーカーでは、賭けた時のオッズが払い戻しオッズ。



ちなみにBCターフ2012の現在のオッズがこちら!


BCターフ2012オッズ画像3.jpg
トレイルブレイザーは4番人気。かなり評価高いぞ。


ブックメーカーのウィリアムヒルに登録すると、
簡単に海外馬券が買えるようになる。
※馬券意外にもサッカーとか大リーグとか、何でもベット出来る。


登録に関しては日本語のマニュアルがあるし、
ベットのやり方もマニュアルがあるので大丈夫だよん。


管理人も凱旋門賞の時に初めて登録したんだが楽勝だったぞ。
その時の詳しいレポがコチラ。⇒海外競馬の馬券の買い方。



個人的には、結構有力馬が他のレースに回ったから・・・
強敵は、ポイントオブエントリーとシャレータと読む。


馬場が、日本の馬場みたいに軽い芝のサンタアニタだから勝機充分だと思うぞ。


みんなで馬券を買ってトレイルブレイザーを応援しよう!
たった$10でも買うと買わないとじゃ雲泥の差(盛り上がり方が。笑)!


ってわけで、


頑張れ!トレイルブレイザー!



みんなでトレイルブレイザーを応援しよう!

オルフェーヴルバナー.gif




海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ




BCターフのオッズは?トレイルブレイザーは何番人気?

【ブリーダーズカップターフ2012オッズ】


いよいよ今週の11月3日は、アメリカはカリフォルニア州のサンタアニタ競馬場で、
競馬の祭典「ブリーダーズカップ」が開催される。


エイシンフラッシュ天皇賞秋敬礼.jpg
天皇陛下に最敬礼するミルコ。



もちろん注目は・・・BCターフに出走するトレイルブレイザー。


対する・・・一番人気は、おそらくこの馬。



ソードダンサー招待(G1)2012 Sword Dancer Invitational - Point Of Entry

4連勝中のポイントオブエントリー。G1でこのパフォーマンス。強い。白いゼッケン2番赤帽子の馬。





BCターフ2011(G1)。St Nicholas Abbey - 2011 Breeders' Cup Turf

これが上位人気が予想されるセントニコラスアビー。昨年のBCターフ優勝馬。紫の帽子に注目。





2012 Eddie Read Stakes - Acclamation

これも上位人気が予想されるアクラメーション。3番ゼッケンの赤い帽子。





これがBCターフのオッズ。※先週時点。現在のオッズは分かり次第張り替えます。
ブリーダーズカップターフ2012オッズ2.jpg


サンタアニタ競馬場は、アメリカ芝でも屈指の高速コースとして知られる。
トレイルブレイザーにとってはかなり有利でしょうな。


前に行く馬が揃ったからペースは遅くなるまい。


前哨戦G2ジョンヘンリーターフCS(芝10F)で大逃げを打って勝ったスリムシェイディーは、溜め逃げをするタイプじゃないし、一番人気が予想されるポイントオブエントリーも先行抜け出しタイプの馬である。他にも、アーリントンミリオンを勝ったリトルマイクも逃げ先行馬だ。


中団から進むであろうトレイルブレイザーにとっておあつらえ向きの流れになるかもしれん。
鞍上は武豊か・・・もっと追える騎手はいなかったのか・・・。


しかし、シャレータとポイントオブエントリーさえどうにか出来れば、
勝てそうな雰囲気あるぞ。


さて、馬券どうすっかな。



海外馬券の買い方

オルフェーヴル凱旋門賞バナー2.jpg



トレイルブレイザーの現在の人気は?

オルフェーヴルバナー.gif


【浅次郎のどんぶり競馬予想〜スピード指数と回収率〜】TOPページへ